このページの本文へ

USB HDDとBDXLへの録画に対応した「AQUOS R5」登場

2011年06月01日 16時18分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「LED AQUOS R5」(40V型) 「LED AQUOS R5」(40V型)
32V型にはレッドとホワイトの2色のカラーモデルがある

 シャープから、Blu-ray内蔵の液晶テレビ「LED AQUOS R5」シリーズが発表された。6月25日発売となる。

 画面サイズのラインナップは、40V型(予想実売価格18万円前後)、32V型(同14万円前後)、26V型(同12万円前後)で、32V型はブラック、ホワイト、レッドの3色展開となる(ほかのサイズはブラックのみ)。また、40V型のみフルHD解像度となる。バックライトはエッジ型LEDを採用する。

 従来のBD内蔵モデル「DX3」では非対応だった3/4層BDメディア「BDXL」への記録に対応。最大10倍の長時間録画も可能で、3層(100GB)のBDメディアに約87時間20分のハイビジョン番組を録画できる。

 また、新たに外付けUSB HDDへの録画にも対応し、BDに番組を録画しつつ、裏番組をUSB HDDに録画する、といったことが可能だ(2番組同時録画中がチャンネル変更は行なえない)。さらに、USB HDDに保存した番組をBDに(等速で)ダビングすることもできる。

新しい番組表新しい番組表

 そのほか、電子番組表も新しくなり、選択している放送局の横幅を広げたり、録画予約やおすすめ番組をカラフルに表示することができる。なお、3DBDタイトルの再生には非対応となる。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン