このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

「ワイヤレスジャパン2011」レポート ― 第1回

次世代LTEで会場を沸かせるNTTドコモブース

2011年05月25日 18時40分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
展示会場入り口付近にブースを構えるNTTドコモ 展示会場入り口付近にブースを構えるNTTドコモ

 リックテレコム主催の「ワイヤレスジャパン2011」が東京ビッグサイトで開幕した。ケータイのみならず最新の無線技術に関するイベントで、会期は今月27日までとなる。

 ここでは展示会場(西3・4ホール)にひときわ大きなブースを構えていた、NTTドコモの展示内容をお伝えする。

次世代通信方式「LTE-Advanced」など
注目を集めた展示内容

ブース内で「LTE-Advanced」の伝送デモを大々的に実施していた ブース内で「LTE-Advanced」の伝送デモを大々的に実施していた
基地局(奥)と移動局(手前)の試作装置 下り(基地局から移動局へ)の通信状態をモニター表示
基地局(奥)と移動局(手前)の試作装置下り(基地局から移動局へ)の通信状態をモニター表示
6個のカメラで360度同時撮影ができるカメラユニットを2個設置(左)し、LTE-Advanced回線を通してリアルタイムで会場の様子をスクリーンに表示(右)。しかも映像は3Dメガネで見れば立体視できる

 最新無線技術のイベントということで、高速通信サービス「Xi」で採用されている「LTE」の次世代通信規格である「LTE-Advanced」の技術デモを大々的に行なっていた。

 LTE-Advancedは最大帯域幅100MHz、(室内環境における)ピークスループット1Gbps以上という高速無線規格で、3GPPで「Release 10」仕様として標準規定され、ITU-Rにおいても「IMT-Advanced」として認められている。会場ではその基地局と移動局の試作装置が展示され、データ通信のデモが行なわれていた。

スマートフォン夏モデルの体験コーナーには人だかりができていた 「AQUOS PHONE f SH-13C」で初採用されたワイヤレス充電のデモにも注目が集まった
スマートフォン夏モデルの体験コーナーには人だかりができていた「AQUOS PHONE f SH-13C」で初採用されたワイヤレス充電のデモにも注目が集まった

 また、ブースには5月16日に発表されたスマートフォン夏モデルの体験コーナーもあり、来場者が列を成して新端末の感触を確かめていた。

異なる言語での通話の際に、リアルタイムで自動翻訳してくれる「通訳電話」の技術参考デモ。体験コーナーには列ができていた 異なる言語での通話の際に、リアルタイムで自動翻訳してくれる「通訳電話」の技術参考デモ。体験コーナーには列ができていた

 さらに、通話とネットワークによる各種のIT機能(通話録音、音声認識、機械翻訳、音声合成、音声挿入)を組み合わせることで、通話の内容をリアルタイムで他国語に自動翻訳してくれる「通訳電話」の体験デモには、30分待ちの列ができるほどの賑わいだった。

前へ 1 2 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン