このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

柳谷智宣の「真似したくなるPC活用術」第65回

見栄えのいい名刺やラベル、ステッカーを自作する技

2011年05月17日 12時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ビジネスで使うラベルは、手書きではなくきちんと美しくプリントしよう

 書類をまとめるバインダーに付けるラベルや、オフィスに掲示する注意書きなどを手書きで書くと、来客の目が気になる。やはりビジネスの場では、見栄えよく印刷したものを使いたいものだ。そこで活躍するのが、ラベルメーカーが発売している専用紙だ。

 今回はインクジェットプリンターと専用紙を使って、身の回りのラベルや名刺を美しく自作する技を紹介しよう。

用紙メーカーのフリーソフトで
ラベルは手軽に作成できる

エーワンのラベル「ファイル背面用ラベルシール[プリンター兼用](31421)」

 家電量販店のプリンター用紙コーナーに行くと、名刺用紙やプリクラ風の写真をプリントする用紙、ファイルや光学メディア用のラベル用紙など、さまざまな製品が並んでいる。これらのほとんどは家庭用のインクジェットプリンターで印刷でき、仕上がりもなかなかいい。使ったことのない人はスルーしがちだが、使ってみるとなかなか面白いアイテムだ。

 実にさまざまな形状・サイズ・材質の、ラベル・ステッカー・シールなどが発売されており、ニーズに合わせて選べる。普段はシールに手書きしたり、直接マジックで書き込んでいるアイテムも、これらを使えばスマートにシールで貼り付けて、ラベリングできるようになる。

 オフ会で急に必要になった名刺を数枚作成したり、ビタミン剤を入れたピルケースに飲む曜日のシールを貼ったり、コレクションボックスに格好いいラベルを付けるなど、活用法はアイデア次第。デザインに凝らなければ手間もほとんどかからない。

 最近ではラベル作成ソフトも、用紙メーカーのウェブサイトから無料でダウンロードできる。「Wordしか使えないよ」という人でも、Microsoft Officeのサイトからシール用テンプレートをダウンロードできる。

A-oneのサイトでは専用のラベル・カード印刷ソフトを無料で入手できるOfficeのサイトでも、Word用のテンプレートが公開されている

 気になる価格だが、意外と安い。例えば、エーワン(A-One)の「ファイル背面用ラベルシール[プリンター兼用](31421)」の場合、A4シート1枚で5枚のラベルを印刷でき、20シート分が入っている。実売価格は740円なので、ラベル1枚あたり7.4円。名刺なら「A4判 / ちょっぴり厚めタイプ 各種プリンター兼用(51891)」が440円で100枚入りなので、1枚4.4円で済む。

印刷ソフトではまず用紙一覧か商品番号から、用紙デザインの作成画面を開く画像や文字を入れてデザインする
テンプレートからデザインを選ぶことも可能テンプレートはウェブサイトから追加できる

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン