このページの本文へ

記者会見では出演陣が勢揃い!

ケータイ小説「金魚倶楽部」がNHKでドラマ化!

2011年05月09日 23時23分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

作者が高校生時代に書いた青春ドラマを
フレッシュな若手俳優たちが演じる!

 アスキー・メディアワークスが運営するケータイ小説サイト「魔法のiらんど」。ここからさまざまな作品が誕生したが、今度は「金魚倶楽部」のドラマ化が決定した。高校時代に椿ハナさんが書き上げた物語は、同年代から多くの共感を得て、今年1月発表の「第4回iらんど大賞」にてNHK賞を受賞、単行本が5月25日に書店発売されるが、さらに7月からNHKにて放送の連続ドラマが制作されることが発表された。

 金魚倶楽部は、いじめをきっかけに出会った孤独な少女と、無為に生きる少年との切実な恋の物語。今回のドラマ化にあたっては、高校3年生の主人公・柊 ハル役に連続ドラマ初主演、そして現役高校生の入江甚儀(いりえじんぎ)さん(17)、いじめを受ける後輩の女生徒・春川ことに刈谷友衣子さん(14)、ハルと同じクラスで密かにハルに思いを寄せる木田香代子役に水野絵梨奈さん(18)、同じくハルと同じクラスのお調子者で木田に憧れている柳橋 翔役に吉沢 亮さん(17)、ことと同じクラスでことに好意を持つが別の一面も持つ本井孝哉役に栗原吾郎さん(15)と、作品の登場人物とほぼ同世代のキャスティングで固められている。

 原作の書籍は5月25日に全国の書店で一斉発売、ドラマは7月から毎週土曜23:30~23:59放送で、全10回の予定だ。

主役を射止めた入江さんは「僕自身は実生活では、あまり人に歩み寄ることはないんですが、ハルはまったく逆の性格なので、キャラを理解しながら演じています」と語ったヒロインに抜擢された刈谷さんは「初ヒロインでプレッシャーもありましたが、ことは根が強くて優しい女の子だけど、時には弱い部分も見せるという人間らしさがあり、精一杯演じられました」とコメント
柳橋 翔役の吉沢さん「柳橋は作品で一番明るいキャラです。バカっぽく振る舞っているんですが、実は一番周りに気をつかっているキャラなんですね。映像の仕事は初めてでしたが、スタッフのみなさんのおかげで楽しくやらせていただきました」木田香代子役の水野さん「木田という役は、端から見たら大人っぽかったり頼もしかったりというカッコイイ女性なんですが、反面、常にいろんなことを考えているキャラで、きっと皆さんの共感を得られると思います!」本井孝哉役の栗原さん「本井は一見真面目な優等生なんですが、実は別の顔を持っているキャラです。僕は男子校育ちで恋愛をしたことがないので、告白シーンなどは想像で演じました。今後は経験を積んで自然に演じられるようになりたいです(笑)」
撮影も終了間近だとか。原作の登場人物と同じ世代が演じるだけあって、物語がより一層リアルになりそうだ

単行本概要(敬称略)

タイトル
金魚倶楽部
著者
椿ハナ(つばき はな)
価格
830円(税込)
発売日
5月25日(水)
発行
(株)アスキー・メディアワークス
発売
(株)角川グループパブリッシング

ドラマ概要

原作
椿ハナ『金魚倶楽部』
脚本
横田理恵
音楽
内池秀和
演出
一色隆司、梛川善郎
出演
入江甚儀、刈谷友衣子、水野絵梨奈、吉沢 亮、栗原吾郎、喜多嶋舞、遊井亮子、麿 赤兒、ほかの皆さん
放送
2011年7月放送開始予定 毎週土曜 NHK総合 午後11時30分~11時59分(連続10回)

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ