このページの本文へ

画質はD7000相当!! ニコンがデジタル一眼「D5100」を発表

2011年04月05日 17時13分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「D5100」と18-55mmのキットレンズ 背面。横開きのバリアングルモニター採用により、ボタン配置は大幅に変わった
「D5100」と18-55mmのキットレンズ。本体サイズは幅128×奥行き79×高さ97mm、撮影時重量は約560g背面。横開きのバリアングルモニター採用により、ボタン配置は大幅に変わった

 ニコンから、デジタル一眼レフカメラ「D5100」が発表された。4月21日発売で、ボディのみの予想実売価格は8万円前後となる。

 エントリーユーザー向けの「D5000」(関連記事)の後継機となる本機。撮像素子が従来の1230万画素から1620万画素にアップし、上位機種の「D7000」相当となった。ISO感度も従来のISO 200~3200から、ISO 100~6400までに対応。拡張でISO 25600まで設定できる。

横に180度開くバリアングルモニター。開いた状態で上方向に90度、下方向に180度回転する

 バリアングル液晶モニターを採用するのは従来と同様だが、縦方向に開くD5000とは異なり、D5100は横方向に開く機構に変更された。

 液晶パネルも従来の2.7型(約23万ドット)から3型(約92万ドット)と、大きく、より精細な表示が可能となった。

 フルHD(1920×1080ドット)の動画撮影にも新たに対応。動画撮影時にAFが利用可能になり、加えて静止画/動画撮影時にも追従フォーカスが利用できるようになった。

 撮影機能では、新たに「スペシャルエフェクトモード」が追加された。これはエフェクト効果を加えた写真を撮影できる機能で、撮影前にライブビューで効果を確認できる。スケッチ風の写真にする「カラースケッチ」や、暗視カメラで撮ったような写真を撮れる「ナイトビジョン」、最大3色を選択し、その色以外をモノクロにする「セレクトカラー」、風景をミニチュアのように撮影できる「ミニチュア」など、7種類の効果を選択できる。

 このほか、1回のシャッターで2回連写し、その画像を合成することでダイナミックレンジを広げる「HDR」機能も新たに搭載した。

 レンズキットは3種類。18-55mmレンズが付属するキットの予想実売価格は9万円前後、18-55mmと55-300mmレンズが付属するレンズキットが同12万5000円前後、18-105mレンズが付属するキットは同12万円前後となる。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン