このページの本文へ

API公開で独自アプリ開発も可能に

ServersMan@iPhone、マルチタスクやiOS4.3のAirPlayに対応

2011年03月11日 06時00分更新

文● 金子拓郎/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

3月10日、フリービットはiPhone/iPod touchをサーバーやP2P端末にするソフトウェアの新バージョン「ServersMan@iPhone 4.0β」を発表した。同日公開されたばかりの「iOS 4.3」に対応しており、アップルによる承認が下り次第、世界90カ国あるすべてのApp Storeより無償でダウンロードできる。

 ServersMan@iPhoneは、iPhone同士やWindows用ソフト「ServersMan@Desktop」を導入したPCなどとの間で、ファイルのやりとりを可能にするツールだ。独自のWebサーバーを内蔵しており、iPhone内のファイルをWeb公開する機能も持つ。

同日開催の発表会で新機能を解説するフリービット代表取締役社長 CEOの石田宏樹氏

 また、PC側の操作で、PC内のファイルをiPhoneに送信する機能もある。ただし、現行バージョンはiOS4から追加されたマルチタスク(バックグラウンドプロセス)に対応しておらず、受信時にはServersMan@iPhoneをフォアグラウンドで起動しておく必要があった。

 新しいServersMan@iPhone 4.0βは、iOS4登場から初となるメジャーバージョンアップで、iOS4の多くの新機能に対応する。マルチタスクにも対応しており、ServersMan@iPhone 4.0β起動後に別のアプリケーションを使っていても、バックグラウンドで動き続け、いつでもファイルの受信を行なえる。コアモジュールの大幅な改良により約50%の省電力化を行なっており、ServersMan@iPhone 4.0βを常時起動していても、バッテリーは48時間持つという。

コアモジュールの改良により、高速化と安定化、そして省電力を実現した

 また、iOS4.3で強化されたリモート配信機能「AirPlay」や印刷機能「AirPrint」にも対応する。AirPlayでは、アップルのセットトップボックス「Apple TV」をテレビに接続すると、iPhone内の写真や動画をテレビに表示できる。これにServersMan@iPhone 4.0βを組み合わせれば、ServersMan@Desktopで管理するファイルをiPhoneで取り出し、テレビで鑑賞することが可能となる。

 ServersMan@iPhone 4.0βでは、ファイルの共有も大幅に強化。WebブラウザからiPhoneにファイルをアップロードする機能、iPhone内にある特定のファイルを外部のサーバーを経由することなく、ほかの端末からダウンロードが可能になる機能を搭載する。

トップ画面のUIは大幅改良。片手で操作できるようにしたという

 さらに、オフライン時やアクセス集中時への対策として、キャッシュ機能「ServersMan Intelligent CDN」が追加された。公開エリアに保存したファイルは、一度でもダウンロードされるとサーバーにキャッシュされ、iPhoneが通信範囲外にあってもダウンロードが可能になる。

 そして、APIの公開も行なわれる。これは、HTMLやJavaScriptからServersMan@iPhone 4.0βの機能を呼び出すもので、フォルダ一覧取得やファイルのアップロード/ダウンロード、メッセージ送信などが行なえる。iPhoneの機能を呼び出すAPIも搭載しており、バイブレーションさせることも可能だ。

 これにより、iPhone同士のP2P通信で位置情報を交換するアプリ、モーションセンサーを感知して相手に送るゲームなど、通常は複雑なプログラムを必要とするアプリケーションを簡単に開発できるという。

 ServersMan@iPhoneやServersMan@Desktopは、すべて無償提供。フリービットではServersManの機能をNASやデジタルフォトフレームなど向けに提供しており、これらで収益を得るビジネスモデルとなっている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ