このページの本文へ

J&W Technology「MINIX 7025-UC3」

6000円台で買えるAM3対応のMini-ITXマザーボードがJ&Wから

2011年03月09日 21時31分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 J&W Technologyから、チップセットに「GeForce 7025」+「nForce630a」を搭載するSocket AM3対応マザーボード「MINIX 7025-UC3」が発売された。Mini-ITXフォームファクタながら販売価格が6000円台と安価な製品だ。

「MINIX 7025-UC3」
J&W Technologyから、チップセットに「GeForce 7025」+「nForce630a」を搭載するSocket AM3対応マザーボード「MINIX 7025-UC3」が発売

 TDP 95WまでのPhenom II/Athlon IIに対応する同製品。主なスペックは、拡張スロットがPCI Express x16×1、メモリスロットがDDR3 DIMM×2(DDR3-800/1066/1333まで対応、最大8GBまで)。チップセット内蔵のVGA機能のほか、6chサウンド(Realtek/ALC662)、ギガビットイーサネット(Realtek/RTL8111DL)、Serial ATA II×4などをオンボードで搭載するほか、I/O部にはD-sub出力を備えている。
 販売しているのはアークやクレバリー1号店、ソフマップリユース総合館、TWOTOP秋葉原本店で価格はいずれも6980円。ちなみに、同チップセットの初登場は2007年05月30日まで遡り、Socket AM2対応モデルがabitから発売となっている。

I/O部
I/O部のグラフィック出力にはD-sub×1を搭載。あえて言えばDVIくらいは欲しいところだが、Mini-ITXフォームファクタながら販売価格が6000円台と安い

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中