このページの本文へ

inno3D「Inno3D N46SE-2SDN-D5D」

「GeForce GTX 460 SE」の2モデル目は補助電源が1本に!

2010年11月30日 23時18分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 「GeForce GTX 460 SE」を搭載した製品としては2モデル目となる「Inno3D N46SE-2SDN-D5D」がinno3Dから発売となった。

「Inno3D N46SE-2SDN-D5D」
「GeForce GTX 460 SE」を搭載した製品としては2モデル目となる「Inno3D N46SE-2SDN-D5D」が、inno3Dから発売

 同製品は、Palit製「GeForce GTX 460 Smart Edition」に続く「GeForce GTX 460 SE」搭載ビデオカード。PCI Express補助電源コネクタが2つではなく1つなのが特徴で、パッケージには省電力を意味するのであろう“GREEN”という記載も見える。
 主なスペックは、コア/メモリクロックが定格仕様の650MHz/3400MHzで、搭載メモリはGDDR5 1GB。ブラケット部の構成はVGA/DVI-I/HDMIというもの。クーラーは隣接スロット占有型を搭載する。
 価格はアークで1万5970円だ。

補助電源
PCI Express補助電源コネクタが1つだけとなり、パッケージには“GREEN”という記載も。いずれにせよ、より“SE”らしい仕様の製品と言える
ブラケット部
コア/メモリクロックは定格仕様の650MHz/3400MHzで、搭載メモリはGDDR5 1GB。ブラケット部の構成はVGA/DVI-I/HDMI

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中