このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

“超電磁砲”が詰まったfripSide 1st.アルバムが登場!

2010年11月30日 22時00分更新

文● 伊藤 真広

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 テレビ版で2曲、OVA版で1曲と「とある科学の超電磁砲」のオープニングを歌った、八木沼悟志氏プロデュースの音楽ユニット“fripSide”の1stアルバム「infinite synthesis」が発売された。
 「とある科学の超電磁砲」の前期OP“only my railgun”と、後期OP“LEVEL5-judgelight-”、OVA版OP“future gazer”を収録するほか、OAD(Original Anime Disc)「ああぁ女神様っ」第42巻の主題歌“everlasting”を含め、全13曲を収録している。
 初回限定盤には、“everlasting”プロモーションビデオや、同PVのメイキング映像、fripSideの歴史を振り返るヒストリー映像などを収録しているようだ。
 秋葉原のショップでは、劇場版「リリカルなのは」の余波が未だに収まっていないため、大きくコーナー展開をしているショップは見当たらなかったが、好調な動きを見せていた様子。この日から販売が開始されたアニメ・ゲーム系のCDのなかでは、ほぼすべてのショップで同CDを最も動いている商品として挙げていた。

残念ながら、PVのメイキング映像は“everlasting”のみのようだ。価格は初回限定盤が3675円、通常盤3150円となっている

2人の刀集めもいよいよ佳境
「刀語」第9巻発売!

 毎月1回放送で、1年間で12話という変則放送のTVアニメ「刀語」。テレビ放送は、残すところあと1話となったところで、絵に描いたようなラブコメシーンが満載の「刀語」第9巻“王刀・鋸”が発売を迎えた。
 今回もこれまでと同様、完全生産限定盤には毎話変わるエンディングテーマや、公式ウェブサイトで配信中“あとがたり”の“完全版”、原作者西尾維新書き下ろしの朗読活劇などを収録した特典CDが同梱されている。

「刀語」第9巻のBlu-ray版は7350円で、DVD版は6300円

(次ページへ続く)

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ