このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

簡易ベンチも実行してみた

11インチMacBook AirにWindows 7をインストール!

2010年10月29日 12時00分更新

文● 広田稔

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

性能はまずまず?

 インストールついでに簡単にその性能も計測してみた。お手持ちのWindowsマシンと比較してみて、乗り換えの際の参考にしてほしい。テストしたのは11インチMacBook Airの128GBモデル(MC506J/A)と、13インチの256GBモデル(MC504J/A)

11インチ(MC506J/A)および13インチ(MC504J/A)MacBook Airスペック

11インチ
MacBook Air
(MC506J/A)
13インチ
MacBook Air
(MC504J/A)
価格 10万8800円 14万8800円
CPU Core 2 Duo 1.4GHz Core 2 Duo 1.86GHz
2次キャッシュ 3MB共有 6MB共有
FSB 800MHz 1066MHz
メモリー(最大) DDR3 PC3-8500 オンボード2GB(最大4GB)
ストレージ 128GB
フラッシュストレージ
256GB
フラッシュストレージ
光学式ドライブ なし(別売)
ディスプレー
(解像度)
11.6インチ(1366×768ドット) 13.3インチ(1440×900ドット)
グラフィック NVIDIA GeForce 320M
ビデオメモリー 256MB(メインメモリーと共有)
バッテリー
駆動時間
最長5時間 最長7時間
本体サイズ 幅299.5×奥行き192×高さ3〜17mm 幅325×奥行き227×高さ3〜17mm
本体重量 1.06kg 1.32kg

 ついでに筆者のマシンである15インチMacBook Pro(Core i7 2.66GHz)も計測してみた。メモリーを最大の8GB、ストレージをSSD(RealSSD C300)に変更し、スペックを現状のノート型Macで最高クラスにチューンしている。

Windows エクスペリエンス インデックス

 Mac OS Xでのベンチマーク同様、MacBook AirではCPUが遅くて、ストレージが突出して速いという結果になった。

11インチMacBook Air 128GB

13インチMacBook Air 256GB

15インチMacBook Pro+RealSSD C300+8GBメモリ

11インチMacBook Air 128GB(MC506J/A/Boot Camp/Windows 7)
コンポーネント 評価についての詳細 サブスコア 基本スコア
プロセッサ 1秒あたりの計算 4.1 4.1
メモリ(RAM) 1秒あたりのメモリ操作 4.9
グラフィックス Windows Aeroのデスクトップパフォーマンス 5.1
ゲーム用グラフィックス 3D ビジネスおよびゲームグラフィックス パフォーマンス 6.0
プライマリ HDD ディスクのデータ転送速度 6.9
13インチMacBook Air 256GB(MC504J/A/Boot Camp/Windows 7)
コンポーネント 評価についての詳細 サブスコア 基本スコア
プロセッサ 1秒あたりの計算 5.1 5.1
メモリ(RAM) 1秒あたりのメモリ操作 5.5
グラフィックス Windows Aeroのデスクトップパフォーマンス 5.3
ゲーム用グラフィックス 3D ビジネスおよびゲームグラフィックス パフォーマンス 6.0
プライマリ HDD ディスクのデータ転送速度 6.9
15インチMacBook Pro+RealSSD C300+8GBメモリ(Boot Camp/Windows 7)
コンポーネント 評価についての詳細 サブスコア 基本スコア
プロセッサ 1秒あたりの計算 6.8 5.5
メモリ(RAM) 1秒あたりのメモリ操作 5.5
グラフィックス Windows Aeroのデスクトップパフォーマンス 6.4
ゲーム用グラフィックス 3D ビジネスおよびゲームグラフィックス パフォーマンス 6.4
プライマリ HDD ディスクのデータ転送速度 7.1

PCMark Vantage

 「PCMark Vantage 1.0.2.0」では、総合スコアで13インチモデルが11インチモデルの1.25倍という結果が出た。個別スコアを見るとストレージ(HDD)のグラフが大きく伸びていることが分かる。

 なお、HDDとSSDの比較を見るために、今年9月に実行した15インチMacBook Pro(MC373J/A)ベンチマークの値を添えている。Windowsアップデートなどの条件が若干違うので参考値として見てほしいが、ディスクが変わっただけで「HDD」のスコアが大きく伸びていることが分かるだろう。

すべて標準設定で実行

11インチMacBook Air 128GB

13インチMacBook Air 256GB

15インチMacBook Pro+RealSSD C300+8GB

- 11インチMacBook Air 128GB(MC506J/A) 13インチMacBook Air 256GB(MC504J/A) 15インチMacBook Pro+RealSSD C300+8GBメモリ 15インチMacBook Pro(MC373J/A)
PCMark Score 3771 4748 11115 5801
Memories Score 2922 4018 6605 3717
TV and Movies Score 1756 2140 4451 3690
Gaming Score 4763 5776 9177 4336
Music Score 5427 6874 12567 5242
Communications Score 3268 4055 10461 7826
Productivity Score 4896 6057 11799 4374
HDD Test Suite 19014 19060 24659 2499

ファイナルファンタジーXIV オフィシャルベンチマーク

 最新の3Dゲームの傾向を見るために「ファイナルファンタジーXIV オフィシャルベンチマーク」も実行してみたが、「Low」(1280×720ドット)という設定にも関わらずあえなく「【1500 未満】 動作困難」という結果に終わった(しかもMacBook Proまで……)。1、2年ほど前に発売されたゲームや、グラフィックの負荷が少ない2Dのものを遊ぶならまだしも、最新の3Dゲームを快適に楽しみたいなら、最初からWindowsマシンを買った方がいいかもしれない。

「ファイナルファンタジーXIV オフィシャルベンチマーク」を「Low」(1280×720ドット)設定で実行

■Amazon.co.jpで購入

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中