このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

光ポータブル「PWR-100F」でiPhone 4用SIMを使ってみた

2010年09月30日 12時00分更新

文● 海上忍

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NTT東日本が、フレッツ光ユーザー向けにモバイル無線ルーター「光ポータブル タイプA」(SIMロック版/「PWR-100D」)、「光ポータブル タイプB」(SIMフリー版/「PWR-100F」)をレンタルするサービスを行なっている。料金面の魅力もさることながら、タイプB(PWR-100F)はW-CDMA準拠のSIMフリーということで、あのキャリアのSIMを使えるかもと期待したユーザーは少なくないはず。しかしマイクロSIMには非対応、イー・モバイル以外のキャリアについては公式な検証情報もない。さてどうしたものか……と悩む前に自分で試した結果をご報告しよう。

フレッツユーザー向けモバイルルーター

 本稿で取り上げるNTT東日本「PWR-100F」は、NTTブロードバンドプラットフォーム(NTTBP)とバッファローが共同開発したモバイル無線ルーター(関連記事1関連記事2)。6月下旬から量販店経由で価格3万7000円(税別)で販売されている「ポータブルWi-Fi DWR-PG」同等品だが、PWR-100FはNTTフレッツの契約者向けに月額315円にて提供されるレンタル品であり、しかもSIMフリー。姉妹品「PWR-100D」はドコモにSIMロックされているが、PWR-100Fはイー・モバイルなどW-CDMA準拠のSIMカードを利用できる点が異なる。

「PWR-100F」も屋内用にクレードルが付属している

 W-CDMA準拠でSIMフリーとくれば気になるのが、”あのキャリア”のSIMカードは使えるのか、ということ。しかしNTT東日本では、公式に対応確認済としているのはイー・モバイルのみで、他キャリアについては一貫して「弊社で動作確認ができておりません」という立場を貫いている。

 SIMフリーにもかかわらずこういった表現にとどめているのは、おそらく通信規格上の互換性問題というよりも、パケット定額の料金プランが適用されるかどうか不透明な点があるからと思われる。光ポータブルのページには、「……弊社で対応を確認した3Gモバイルデータ通信サービスの利用を推奨いたします。3Gモバイルデータ通信サービスのご利用にあたっては、携帯電話事業者の提供する料金プランによっては通信料金が非常に高額となる場合がありますが、弊社は一切その責任を負いかねますので……」とあり、イー・モバイル以外のキャリアは自己責任で利用せよ、ということらしい。

 なお、PWR-100FのSIMソケットは、ISO/IEC 7816規格に準拠した幅15mm×奥行き25mm×厚さ0.76mmという一般的なもの。マイクロSIM(幅15mm×奥行き12mm×厚さ0.76mm)はそのままでは装着できないため、W-CDMAなSIMといっても形状による制限もある。

変換アダプタを利用するだけではiPhone 4のマイクロSIMで通信できず、「WIRELESS」ランプが赤く光るのみ

 PWR-100Fのモバイルルーターとしての基本機能は、先行発売されたDWR-PGの情報が既報のため、あえてここでは取り上げない。多くのユーザーが関心を持っていると推測される「iPhone 4のマイクロSIMを使えるかどうか」に絞り、検証作業を行なってみよう。

 なお、iPhone 4以外の機器でマイクロSIMを使うことは、ソフトバンクモバイルとの契約上グレーな部分があるため、この方法を試す場合にはくれぐれも自己責任でお願いしたい。同様に設定変更もあくまで個々人の裁量で行なってほしい。これによって何らかの不利益が発生しても筆者および編集部は一切保障できない。また、先に触れたようにパケット定額の料金プランが適用されるかどうか不透明な点があるのは否めない。この点にも注意するようお願いしたい。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン