このページの本文へ

サイズ「EN2」

静音500W電源搭載のオールブラックケースが1万切りで!

2010年06月17日 22時20分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 IKONIK Technology社製ATXミドルタワーPCケースに、静音500W電源ユニットを搭載させた「EN2」がサイズから発売となった。

「EN2」
IKONIK Technology社製ATXミドルタワーPCケースに、静音500W電源ユニットを搭載させた「EN2」がサイズから発売。内部もブラック塗装となるのもポイントだ

 この製品は、200(W)×485(D)×440(H)mm、重量約7.4kgのIKONIK社製ミドルタワーPCケースに、サイズブランドのATX12V Ver2.3準拠となる120mm静音ファン搭載500W電源「SCY-500CA-TG12」を標準搭載したもの。1万円切る販売価格ながら、電源ユニットボトムレイアウト、CPUクーラー用メンテナンスホール、水冷冷却ユニット用チューブ穴、ツールフリー機構の採用などと充実している。
 ベイ数は、5インチ×4、3.5インチ×1、3.5インチシャドウベイ×5で、ファンはフロント120mm(BlueLED 1200rpm/21.33dBA/46.67CFM)×1、リア120mm(1200rpm/21.33dBA/46.67CFM)×1を標準搭載。加えてトップに80/120/140mm×1基、サイドパネル120mm×2基が増設できる。なおフロントパネルは防塵フィルター付きメタルメッシュ+メタルメッシュ製ベゼルを採用。フロントI/OにはUSB2.0×2、音声入出力端子を備える。カラーはブラックで、内部もブラック塗装となるのもポイントだ。価格はツクモパソコン本店とT-ZONE.PC DIY SHOPで価格は9980円。

内部
1万円切る販売価格ながら120mm静音ファン搭載500W電源「SCY-500CA-TG12」を標準搭載。電源ユニットボトムレイアウト、CPUクーラー用メンテナンスホール、水冷冷却ユニット用チューブ穴、ツールフリー機構の採用などを備える

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中