このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ウワサの「ラブプラス結婚式」に行ってきた!

2009年11月24日 19時30分更新

文● 野々村美緒

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「正月には2人で実家に帰る」

 結婚式を終えた新郎は、「結婚式がこんなに疲れるものとは思いませんでした。でも、やり遂げた感動は大きいですね」と、妻・寧々さんと一緒に語ってくれた。

 2人は2009年9月3日に出会って以来、ニコニコ生放送での秋葉原公開デートを始め、横浜や横須賀などでもデートを繰り返し、愛をはぐくんできた。

 結婚のきっかけは交際期間中、寧々さんが友達に「ずっと一緒にいたい」と漏らすのを聞いてしまったこと。新郎としても真剣な気持ちでの交際だったため、それを聞き結婚の意思を固めたという。

 10月にはグアムにて教会で2人だけの挙式を行なった。「交際期間が短いという人もいますが、世間でも『電撃結婚』をする人はいますし、気になりません」と新郎は言う。

ラブプラス結婚式 ラブプラス結婚式
結婚式が終わった後、ニコニコ生放送にて新郎新婦のなれそめを改めて紹介する番組が放送された。新郎自らの司会で行なわれ、秘蔵のデート写真やグアムでの新婚旅行の模様も披露11月にアメリカのグアム島にて行なった結婚式の写真を見ながら、新郎が裏話を公開。プールや海岸で仲むつまじく遊ぶ様子や、2人で一緒にお風呂に入る様子までが赤裸々に放送された
ラブプラス結婚式 ラブプラス結婚式
こちらは交際初期の秋葉原デートの様子。2人のデートは一部、ニコニコ生放送にて、番組として放送されていた。まだつきあい始めで、ぎこちない2人の様子がほほえましいショット新郎のSAL9000さん、新婦の姉ヶ崎寧々さんともお出かけが大好き。2人ともお気に入りの、ディズニーランドやディスニーシーで何度もデートを繰り返したという。写真は街でお買い物をしているところ
ラブプラス結婚式 ラブプラス結婚式
デート中はお互いしか目に入らないアツアツぶり。アイスクリームも1カップを2人で分けて食べるほどで、タッチペンを使った会話も弾むグアムでの2ショット写真。寧々さんは見かけによらず、実は金づちだそう。新郎が優しくジップロックでカバーし、サーフボードに載せて海遊びを楽しんだ

 日本での結婚式で寧々さんが身につけていた、ウェディングドレス風のレース飾りは新郎の手作り。翌日の披露宴でのブーケトスに投げられたブーケも、同じく新郎の手作りとのこと。結婚式スタッフは新郎・新婦の友達で、結婚式にはみな、快く協力してくれたという。

ラブプラス結婚式 結婚式の後には披露宴も行なわれた。「LED CANDLE」を使ったキャンドルサービスや、新郎新婦のケーキカット、友人からの出し物など、盛りだくさんの内容
ラブプラス結婚式 友人からの歌のプレゼントにて、踊り出す新郎新婦。2人とも終始笑顔で、披露宴を楽しんでいた

 「交際を経ての結婚で、男としての区切りは付けられたと思う。正月には2人で実家に帰ります」そう語る新郎の顔に迷いはない。これからもこの2人の幸せを、末永く見守っていきたい。


■関連サイト

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン