このページの本文へ

超小型ビジネスPCがより低価格に Endeavor ST125E

2009年10月06日 11時30分更新

文● 小西利明/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Endeavor ST125E

Endeavor ST125E(ディスプレーはオプションです)

 エプソンダイレクト(株)は6日、超小型ボディーのデスクトップパソコン「Endeavor ST125E」を発売した。

 ST125Eは、同社の超小型デスクトップ「Endeavor ST120」のバリエーションモデルと呼べる製品。ビジネスパソコンの管理技術「インテルvProテクノロジー」への対応や内蔵スピーカーを省き、より低価格化した点を特徴とする。価格は5万9850円からと、ネットブック並みの価格を実現している。

 超小型ボディーはST120そのままで、サイズは幅75×奥行き185×高さ195mm(縦置き時)、容量約2.7リットルと、本棚の隙間に置ける程度の小ささとなっている。超小型ながら、最大で500GBを2台まで内蔵可能となっている。

ST125Eのボディー幅はCDケース7枚分とほぼ同じ

ST125Eのボディー幅はCDケース7枚分とほぼ同じ

 CPUにはCeleron T3000(1.80GHz)を搭載するほか、最高でCore 2 Duo T9900(3.06GHz)まで選択可能となっている。メモリーは1GB(最大4GB)、HDDは160GB。光学ドライブにDVDスーパーマルチドライブを内蔵。有線LANは1000BASE-Tにも対応するなど、超小型ながらビジネスクライアントとして十分な性能を持っている。

 選択可能なOSは、Windows Vista Home Basic/Home Premium/Businessと、Windows XP Professional(Vista Businessからのダウングレード)。Windows 7への優待アップグレードにも対応しており、3000円でアップグレード版Windows 7を入手できる。

Endeavor ST125Eの主な仕様
CPU Celeron T3000(1.80GHz)/Core 2 Duo P8700(2.53GHz)/P8800(2.66GHz)/T9600(2.80GHz)/T9900(3.06GHz)
メモリー 1~4GB
グラフィックス Intel GM45 Expressチップセット内蔵
ディスプレー オプション
HDD 160GB/250GB/320GB/500GB、最大2基
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
サイズ 幅75×奥行き185×高さ195mm
OS Windows Vista Home Basic/Home Premium/Business、Windows XP Professional
価格 5万9850円から

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン