このページの本文へ

Leadtek「WinFast PxVC1100」(バルク版)

「SpursEngine」搭載カードに増設用のバルク版が登場!

2009年07月25日 22時50分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 東芝製メディアストリーミングプロセッサ「SpursEngine」を搭載したLeadtek製のPCI-Expressx1対応の画像処理カード「WinFast PxVC1100」のバルク版が発売された。

「WinFast PxVC1100」
東芝製メディアストリーミングプロセッサ「SpursEngine」を搭載したLeadtek製のPCI-Expressx1対応の画像処理カード「WinFast PxVC1100」のバルク版

 同製品は、ペガシス製マルチビデオエンコーダソフト「TMPGEnc 4.0 XPress」の2枚差し対応にともない発売された「2枚目増設用のカード本体」となる。パッケージもブラックの質素なもので、付属品はLo-Pprofileブラケット、電源ケーブル、簡易マニュアル、保証書のみ。ドライバCDやアプリケーションソフト等は付属しない。価格はアークで2万1780円、T-ZONE.PC DIY SHOPで2万1800円となっている。

付属品
付属品はLow-Profileブラケット、電源ケーブル、簡易マニュアル、保証書のみ。ドライバCDやアプリケーションソフト等は付属しないので、1枚目として購入しても動作させることは難しい

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中