このページの本文へ

Leadtek「WinFast HPVC1100」

「SpursEngine」搭載の外付けユニット「WinFast HPVC1100」

2009年09月05日 23時00分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 東芝製メディアストリーミングプロセッサ「SpursEngine」を搭載した高性能画像処理カード「WinFast PxVC1100」を内蔵した外付けユニット「WinFast HPVC1100」がLeadtekから発売された。

「WinFast HPVC1100」 「SpursEngine」を搭載した高性能画像処理カード「WinFast PxVC1100」を内蔵した外付けユニット「WinFast HPVC1100」がLeadteから発売

 同製品は、IBM、ソニーグループ、東芝が共同で開発したプロセッサ「Cell Broadband Engine」のRISC型プロセッサコア「SPE(Synergistic Processor Element)」を4基、動画圧縮伸張アルゴリズム処理用にMPEG-2およびMPEG4-AVC/H.264のハードウェア・エンコーダ/デコーダの回路、マルチコア処理を司るためのコントロール回路などをワンチップに集積した東芝製メディアストリーミングプロセッサ「SpursEngine」を搭載した画像処理カードを内蔵した外付けモデル。
 インターフェイスはPCI-Expressカード34/54でノートPCでの利用を想定したものとなっている。その他、ペガシス社製高画質マルチビデオエンコーダーソフト「TMPGEnc 4.0 XPress」とSpursEngine ファイル出力対応Plug-in「TMPGEnc Movie Plug-in SpursEngine」がバンドル。なお、使用にあたっては付属の12V電源アダプタの接続が必須となる。価格はアークとBLESS秋葉原本店、T-ZONE.PC DIY SHOP(近日入荷予定)で3万9800円、ツクモパソコン本店で4万2280円となっている。

ノートPCでの利用を想定
インターフェイスはPCI-Expressカード34/54でノートPCでの利用を想定したものに。使用にあたっては付属の12V電源アダプタの接続が必須となる

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中