このページの本文へ

ペンタックスの小型高級デジタル一眼を試す

従来機から格段に進化した! 待望の「K-7」

2009年07月24日 12時00分更新

文● 小林伸

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

いろんなイベントを撮影してみた

 まずは音楽ライブの撮影。撮影中に高感度ノイズリダクションの調整やホワイトバランスを変えてみた。カスタムメニューの「白熱灯下のAWB」では「弱」を選択したままのほうが雰囲気は活かすことができる。

 ホワイトバランスを固定したものでは 過度補正に近く見えてしまうかもしれない。このような光源の色がコロコロ変わるような撮影環境では「RAW+」で同時記録しておいたほうが安心できる(撮影協力:AciD FLavor/ http://www.livegate.jp/acidflavor/)。

ISO 6400(高感度ノイズリダクション中、画像仕上げ「鮮やか」、オートホワイトバランス、D-Rangeハイライト補正ON、D-Rangeシャドー補正中)

ISO 6400(高感度ノイズリダクション中、画像仕上げ「鮮やか」、オートホワイトバランス、D-Rangeハイライト補正ON、D-Rangeシャドー補正弱)

ISO 6400(高感度ノイズリダクション中、画像仕上げ「鮮やか」、オートホワイトバランス、D-Rangeハイライト補正ON、D-Rangeシャドー補正弱)

ISO 6400(高感度ノイズリダクション中、画像仕上げ「鮮やか」、オートホワイトバランス、D-Rangeハイライト補正ON、D-Rangeシャドー補正弱)

どちらもISO 3200(高感度ノイズリダクション中、画像仕上げ「鮮やか」、オートホワイトバランス)で撮影。照明にLED光源まで混ざった状態でもオートホワイトバランスで撮影できた(撮影協力:Y2K JAPAN)


 次いで、7月19日に開催された「アキバプロレス」を撮影。オートホワイトバランスでは厳しいと思われる、タングステン照明にフィルターをかけてあるミックス光の状況でも仕上がりに問題はなかった(撮影協力:アキバプロレス(C)Cabinet Inc.)

ISO 3200(高感度ノイズリダクション中、画像仕上げ「鮮やか」、オートホワイトバランス)

ISO 3200(高感度ノイズリダクション中、画像仕上げ「鮮やか」、オートホワイトバランス)

ISO 3200(高感度ノイズリダクション中、画像仕上げ「鮮やか」、オートホワイトバランス)

ISO 3200(高感度ノイズリダクション中、画像仕上げ「鮮やか」、オートホワイトバランス)

ISO 3200(高感度ノイズリダクション中、画像仕上げ「鮮やか」、オートホワイトバランス)

ISO 3200(高感度ノイズリダクション中、画像仕上げ「鮮やか」、オートホワイトバランス)

ISO 3200(高感度ノイズリダクション中、画像仕上げ「鮮やか」、オートホワイトバランス)

ISO 3200(高感度ノイズリダクション中、画像仕上げ「鮮やか」、オートホワイトバランス)

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン