このページの本文へ

人感センサー&周辺光量センサーも

エコなEIZO 23型液晶にDisplayPort搭載

2009年06月13日 09時00分更新

文● 企画報道編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 最近の液晶ディスプレーは、人感センサーを内蔵して利用者がディスプレーから離れると自動的に電源オフするエコ技術を搭載するものが増えている。ナナオ(EIZO)が4月に発表した「FlexScan EV2303W」(23型)と「同 EV2023W」(20型)もこの機能を搭載する(関連記事)。

リチャード・ギャリオットさんら宇宙飛行士

EIZO FlexScan EV2333W。入力端子にDisplayPortを追加し、液晶パネルの方式をVA方式に変更したもの。写真は市販モデルで「FlexStand(フレックススタンド)」が付属したもの

 今回発表された「FlexScan EV2333W」は、これらの上位機種に当たる(7月16日発売)。液晶パネルの方式をTN方式からVA方式に変更。視野角を従来(TN方式)の左右170度/上下160度から上下左右とも176度に拡大し、輝度/コントラストともに300cd/m2/3000:1(従来は250cd/m2/1000:1)に向上している。ただし、応答速度(黒→白→黒)は従来モデルのほうが5msと速い(EV2333Wは25ms、中間調は7ms)。

 また、入力端子にデジタル(DVI-D)、アナログ(ミニD-Sub15ピン)のほか、DisplayPortを追加し、3系統入力に対応したのが特徴だ。DVI-DとDisplayPortは著作権保護技術HDCPにも対応しており、地デジや著作権保護された映像コンテンツの表示も可能となっている。

 従来同様、周囲の明るさに応じて画面の明るさ(バックライト)を自動調整する「Auto EcoView」も搭載。目の負担を防ぐ効果があるという。表示解像度は、1920×1080ドット(16:9)で、HDコンテンツを余白なしに表示できる。

 直販サイトEIZOダイレクトの参考価格は5万4800円。直販専用の「TriStand(トライスタンド)」付属モデルは5万1800円となる。


カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ