このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

極めろ!デスクトップカスタマイズ第4回

IconPackagerでアイコンを思いのままにチェンジ

2009年05月20日 12時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
アイコンまでカスタマイズするとデスクトップの雰囲気が一変する
アイコンまでカスタマイズするとデスクトップの雰囲気が一変する。アイコンパッケージとビジュアルスタイル、壁紙は、WinCustmize.comにある「Alien Mind II」を適用した。OSはXP

 壁紙やビジュアルスタイルを変更しても、アイコン類がそのままだと雰囲気を損なってしまう。ドライブやフォルダー、各種ファイルのアイコンもカスタマイズして、デスクトップの統一感を演出しよう。

この機能はWindows Vista/XPでお使いいただけます(一部機能はXPのみ)。


多数のアイコンを一発で変更する

 アイコンは多数の種類があり、Windowsの機能で変更できない項目も多い。そこで専用ツールを使うのだが、お勧めは「IconPackager」(作者:Stardoc、価格:19.95ドル)だ。フォルダーや各種ファイルのアイコンをはじめ、マイドキュメントやマイコンピュータ、ごみ箱といった特殊フォルダーまでカスタマイズできる。Vistaに対応しているのもうれしいところだ。

 IconPackagerには3種類のアイコンセットが同梱されているほか、ネット上にはユーザーによる大量の作品が無料で公開されている。じっくり探せば、デスクトップにマッチするアイコンを見つけられるだろう。

■IconPackager(http://www.stardock.com/products/iconpackager/
日本語に対応しており、アイコンの変更やカラー調整ができる。試用期間は30日間で、その間は「カラー設定」などの機能が制限されている。
IconPackagerの公式サイト IconPackagerの公式サイト
起動画面 「パッケージ」タブ
起動画面。「基本設定」→「パッケージ」タブで、アイコンのパッケージを選択する。ダブルクリックするか「変更を適用」をクリックすると変更できる「パッケージ」タブでもイメージはつかめるが、すべてのアイコンの一覧を見たいなら「プレビュー」タブを開く
「カラー設定」タブ 「LocalFlavor Vista」を適用
「カラー設定」タブでアイコンの色や彩度、輝度、明るさなどを設定できる。カラー反転やモノクロにすることも可能(試用版では不可)ソフトに付属するアイコンパッケージ「LocalFlavor Vista」を適用してみた

特定のアイコンを変更する

 テスト機にはHD DVD-ROMドライブが装着されているのだが、アイコンパッケージにHD DVD-ROMドライブのアイコンが用意されておらず、OS標準のアイコンのままになっている。見栄えが悪いのでDVDドライブと同じアイコンに変更してみよう。

「ドライブ」タブで変更するドライブを選択 「アイコン&カーソル」→「ドライブ」タブで変更するドライブをダブルクリックで選択し、アイコンを指定する
同じアイコンに変更できた HD DVDドライブのアイコンを、右のDVD-RWドライブと同じアイコンに変更できた

 アイコンパッケージに登録されていない拡張子のファイルには、標準のアイコンが使われる。その場合は、拡張子を登録し、アイコンを指定する。

「拡張子を追加」をクリック 「.flv」形式を追加してみる 追加された拡張子をダブルクリック
「アイコン&カーソル」→「ファイル」タブを開き、「拡張子を追加」をクリック拡張子を選択し、「追加」をクリックする。今回は「.flv」形式を追加してみる追加された拡張子をダブルクリックして、アイコンを指定する
.flvファイルのアイコンが変わった Vistaの特大アイコン表示にも対応している
.flvファイルのアイコンが変わったVistaの特大アイコン表示にも対応している

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン