このページの本文へ

乗り換えの合間にロッシル・インターナショナル・サーキットに行ってきた

ドーハの喜劇! トランジットの合間にサーキットへ行こう!

2009年04月09日 20時00分更新

文● 藤吉隆雄 写真/藤吉隆雄

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

チケット・オフィスは見逃してしまう小ささ

 ようやくサーキットに着いた。まずはチケットを買わなくてはならない。ゲート脇にウェルカム・センターなる建物がある。あそこで買えるだろう。

チケットね。来た道を戻ったらプレハブのチケット・オフィスがあるから、そこで買って

 そんな看板なかったんですけど……。タクシーを待機させておいて良かったぁ。タクシーで来た道を戻ること700メートルほど。たしかにありました、プレハブ。チケットの種類をたずねると、パブリック・エリアが50リアル、パドック・エリアが100リアルだという。すると、あとから入ってきた白人さんが僕に忠告してくれた。

パドック・エリアのパスを買ったらレースが見られないよ

 パドック・パスでパブリック・エリアに行けないってことでもないし、大丈夫ですよ。ここはパドック・エリアのパスを買っておこう。日本円で3000円くらいだし(だが、実は大丈夫ではないということを僕はまだ知らなかった)。

こんな小さい表示でチケット・オフィスなんてわかるわけない……
先に小さく見えるのがパドック・エリアのゲート。行き先表示の看板がムダにでかい砂漠の中にポツンとあるチケット・オフィス。なんとプレスパス発行所も兼ねているのだ

世界選手権とは思えない静かなサーキット

 チケットも買ったし、タクシーでゲートの中へ。チケットには、パドック裏のP5駐車場の駐車許可ステッカーが一緒についているから、当然すんなり入れた。でも、なぜかタクシーの運転手は「そのパスは凄いパスだなあ。こんなところまで入れるのか!」と感心している。

 P5駐車場でタクシーを降りた。だが、えらく静かだ。たしかにレースを走るバイクの音はしているが、異様な静けさだ。「降りる場所を間違えたのか?」と思ったら、全然観客がいないだけだった……。世界選手権なのに! 決勝レース進行中なのに! このレースは、バイクの世界耐久選手権の最終戦で、ここで年間チャンピオンが決まるのである。鈴鹿8耐の決勝の観客動員数は7万5000人ですよ。対して、この最終戦はプライベート・テストかってくらい人がいない。

 そんなことを考えつつ、観戦ポイントを探す。まず、グランド・スタンドへ行ってみるのが常套手段だ。そう思って、メディア・センター入口に立っていた警備員に聞いてみた。

黄色い階段のところから入れるよ

 黄色い階段を上がると……って、グランド・スタンドに行く道は、普通どこのサーキットもアンダーパスになっているものだが……。階段の先にあったのはビューイング・テラスなるところだった。ピット上の一部が観覧席として開放されているのだ。だが、1コーナー側も最終コーナー側も壁にさえぎられれて視界が狭い。各チームが使用しているピットは、ずっと先の1コーナー側にあるので、タイヤ交換も全く見えない。なんてこった! さっきのおじさんが言っていた「パドック・パスじゃレースが見られない」というのは、こういうことだったのか……。

パドック直近のP5駐車場前で下車。途中でセットされたメーターは47リアルを指していた。「いくら払えば良いの?」と聞いたら「私のセット忘れなので、あなたの決めた金額で良いです」との返事。50リアル払ってあげた世界選手権の決勝レース進行中なのに、全く人の気配がないパドック
ビューイング・テラスに行ったら少し人がいた。でも、ここじゃ観戦しにくい。1コーナー側の視界が遮られているから、順位表示もよく見えません

(次のページへ続く)

東京ゲームショウ2019大特集!

  • 週アス TGS2019 特別版を公開中!

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ