このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

【アキバ・キーマンインタビュー No.8】アキバでもっとも危ないお店!? 話題の武具専門店「武器屋~Blade Works」の代表・磯野氏を直撃!

2007年01月05日 09時42分更新

文● 大森徹哉

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サーベルに日本刀、甲冑とずらりと武具が並ぶ店内は壮観。その名もずばり「武器屋」。同店の代表・磯野氏は武器や歴史衣料の調査・研究をする第一人者でもある。また、映像関係にも強く、ハリウッド映画にも武具を貸与しているほど。そんなプロの武器屋の声を聞いてみよう。

武器の購入は指名買いがほとんど

「武器屋」代表・磯野圭作氏

――お店ができてどれくらいになりますか?
【磯野】 2年が過ぎたところです。

――どうですか、順調ですか?
【磯野】 おかげさまで、順調ですね。

――メディアに取り上げられることも多く、すごく話題になっていますよね?
【磯野】 そうですね。マスコミ関係者からは武器専門店で、武器を全部管理してくれるところができて助かったとも言われます。

――全部管理している?
【磯野】 管理というか、日本もあれば、西洋もあるし、中国もあるし、ほぼ古い武器関係とか鎧関係だったらあそこに行けば何とかなると。特に外国ものはうち以外ではほとんどないんですよ。

――人気商品とか、よく売れるものとかってありますか?
【磯野】 そうですね、やはり2万円前後のものですかね。でも結局、好みになるんですよね。うちは独自でやっていますので、特別にお客さんにおすすめしなければいけないメーカーもありませんので。お客さんに対して、「これいいですよ」というすすめめ方は絶対しないんですよ。それは徹底しています。

――買い方としてはどうですか? お店で選ぶ方と、指名買いの方とどちらが多いですか?
【磯野】 圧倒的に指名買いです。そうそう、最近でもいましたね。トントンって店に入ってきて、「これ3本ください」って。もうその剣しか見てない(笑)。もうちょっと何か見なくていいんですか? みたいな感じでしたね。

――他の商品は全く見ないんですか?
【磯野】 全くみないです。「ありがとうございます」のひと言しか出なかったですね。



手がける武器は自衛隊からハリウッド映画まで

店内

――ちなみに、金額的に一番高いものはいくらくらいですか?
【磯野】 甲冑が40万~50万円しますけど、基本的には高いものでも20万円くらいです。

――20万円くらいというと、どんな商品になりますか?
【磯野】 自衛隊に納入しているものですね。

――え! 自衛隊にも納入されているんですか?
【磯野】 はい。撮影で使うものから国家が使うものまで、すべてやらせていただいています。それがうちのスタイルなんですよ。

――それだけのものを揃えるのはすごく大変なんじゃないですか?
【磯野】 大変ですね。お客さんのニーズがあまりにも広いんで(苦笑)。商品もすごく増えています。

――そうですよね。1つの商品を何個も在庫する性質のものではないですよね。
【磯野】 だから海外の製品だと困りますね。

――海外からも輸入しているんですか?
【磯野】 海外のものは輸入禁止なんです。なので、全部うちで特注で作っています。

――というと、製造から関わってるということですか?
【磯野】 そうです。製造元と独占契約をし、日本の法律に準じたものを全部作らせています。

――例えば、どれがそうなんですか?
【磯野】 西洋ものの7割以上はそうですよ。全部特注で作らせています。

――すごいですね。それは設計というか最初の段階から?
【磯野】 いや、自衛隊に収めている物なんかは、世界のほとんどの国の軍隊のサーベルを作っているメーカーなんです。そのメーカーしかないですから。うちがそこの日本のエージェントになっています。あと、うちが特注で作らせているものは、基本的には実物が存在しているものです。それを海外の専門家がついたり、コレクターが付いたうえでそれを複製しています。そういうった商品は映画でもよく使われています。ハリウッドでも使われていますし、国内でも今、使ってますよ。

――本当ですか!
【磯野】 ええ。名前は出せませんけど、あの遊園地とか、あの劇団とか、あの映画とか、全部うちの商品使っていますよ。(どれも読者が、よくご存知のものばかり!)

――映画とも関係があるんですね。
【磯野】 やってますね。今関わっているものは名前を出せませんが、もうテレビで流れたものですと、『隠し剣鬼の爪』ですね。あれはスタッフと2人で現場に入りまして、エキストラの俳優さんをかき集めて、「軍隊作るぞ」って言って。わずか3日で。俳優が泣こうが笑おうが知らないぞって言ってね。

――なるほど。
【磯野】 最近でいうと、正月にやる『白虎隊』は僕が全部関与してます。

会津藩の合印
――『白虎隊』で使われてるものはお店にありますか?
【磯野】 ありますよ。会津藩の合印とか。図面も僕のほうで起こしています。あとはベルトですね。わざわざ本物から型取りして、こんなどうでもいいようなベルトをですね(笑)。でも、それを知っている人は見ちゃうわけですよ。

――そうですよね、気になりますもんね。
【磯野】 銃も提供しています。

――『白虎隊』でも?
【磯野】 そうです。山下くん(山下智久)とか田中くん(田中聖)が持っている銃ですね。

――これですか?じゃあ、『白虎隊』で使っているのをわかって購入されるお客さんもいるかもしれませんね?
【磯野】 いるでしょうね。うちが関与してることを知っている人は知っていますから。見るとわかります。「ああ、あれは武器屋さんが関与したな」って。

――種類的にはどれくらいあるんですか?
【磯野】 軽く200は超えています。

――200は超えてる!
【磯野】 数を把握しきれてないんですよ(苦笑)。ガラスケースにもあるから、200は超えています。300くらいありますね。実感ないですけど。

――これだけ集めるのにどれくらいかかりましたか?
【磯野】 2年半くらいですね。

――2年半でこれだけの数に?
【磯野】 まあ、うちが製造元であるというのが強みではありますよね。

――製造元が販売をしてるということなんですよね?
【磯野】 そうです。

――それで、海外製品の代理店にもなっている?
【磯野】 うち自身は製造していないですけれど、うちが指示して作らせています。

――代理店もやってて、販売もやっているということですかね?
【磯野】 そうですね。(次ページへ続く)



前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ