このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ソニー、ノイズキャンセラー内蔵型など新“ウォークマンS”とHDDコンポ“ネットジューク”の新製品を発表!

2006年10月12日 23時54分更新

文● 編集部 小西利明

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ノイズキャンセラーを本体に内蔵した“ウォークマン NW-S700F”シリーズ。メモリー容量は1~4GB SHIBUYA-AXでの発表会で披露された新ウォークマンS
ノイズキャンセラーを本体に内蔵した“ウォークマン NW-S700F”シリーズ。メモリー容量は1~4GBSHIBUYA-AXでの発表会で披露された新ウォークマンS

ソニー(株)は12日、ノイズキャンセラー機能など複数の高音質化機能を内蔵した携帯型オーディオプレーヤー“ウォークマン NW-S700F”“NW-S600”シリーズと、インターネットからの音楽ダウンロード機能を備えるHDDコンポ“ネットジューク(NETJUKE)”の新製品を発表した。価格は全機種オープンプライス。

ステージ上で披露されたネットジュークとウォークマンSの新製品群。ネットジュークは3製品、ウォークマンSは6製品(直販限定含む)が発売される
ステージ上で披露されたネットジュークとウォークマンSの新製品群。ネットジュークは3製品、ウォークマンSは6製品(直販限定含む)が発売される

東京渋谷のライブハウス“SHIBUYA-AX”で開催された製品発表会では、ソニーマーケティング(株)取締役 執行役常務の鹿野清氏が新製品のコンセプトを説明。新ウォークマンとネットジュークを組み合わせることで実現する、“パソコンレス音楽スタイル”を新しい楽しみ方として提案したいとした。

ウォークマン NW-S700F/S600

NW-S605/S603。ノイズキャンセラーやFMチューナーを省いたスタンダードモデル
NW-S605/S603。ノイズキャンセラーやFMチューナーを省いたスタンダードモデル

新ウォークマンSシリーズは、“いい音で音楽を楽しむ”を追求し、高音質化機能に重点を置いた携帯型オーディオプレーヤーである。記憶媒体には内蔵のフラッシュメモリーを使用し、容量はS600シリーズが1~2GB、S700シリーズは加えて4GBをラインナップする。

NW-S706F、S705F、S703F
容量:4GB、2GB、1GB
カラー:ブラック、バイオレット、ゴールド、ピンク
予想実売価格:2万9000円前後、2万3000円前後、1万8000円前後
発売日:10月21日
NW-S605、S603
容量:2GB、1GB
カラー:ブラック、ブルー、ピンク
予想実売価格:2万円前後、1万5000円前後
発売日:11月18日
共通仕様
サイズ(W×D×H):88.1×17.0×27.4mm/重量:約47g
USB 2.0接続/USBバスパワー充電/バッテリー持続時間:最長約50時間

“クリアオーディオテクノロジー”と称する高音質化のための機能は4点ある。まずS700シリーズは本体内にノイズキャンセラー機能を内蔵(S600はなし)。付属のステレオヘッドホンに内蔵されたマイクで周囲の音を拾い、逆位相の音を再生音にミックスすることで、周囲の騒音を約4分の1に低減する。付属ヘッドホンには、業務用のモニターヘッドホン『MDR-EX90SL』に使用される13.5mmのドライバーユニットを内蔵。耳に深く挿入できるデザインも採用し、優れた音質での再生を実現する。

S700Fシリーズ付属のヘッドホン。ノイズキャンセラー用のマイク穴が見える ヘッドホンを装着したイメージ図。大型のドライバーと深く密着する装着部を備える
S700Fシリーズ付属のヘッドホン。ノイズキャンセラー用のマイク穴が見えるヘッドホンを装着したイメージ図。大型のドライバーと深く密着する装着部を備える

そのほかにも左右のステレオ音声の混在を抑制する“クリアステレオ”、低音の歪みを抑制してクリアな低音再生を実現する“クリアベース”などの高音質化機能を備えている。またS700シリーズにはFMラジオチューナー機能も内蔵されている。

本体のデザインは、既存のウォークマンEやフラッシュメモリー型ウォークマンAと似た形状をしているが、片手操作がしやすい“ジョグシャトル”(回転はしない)や手に馴染む曲線的なデザインなどで、外観の美しさと使いやすさを兼ね備えている。ディスプレー部には“高輝度カラー有機ELディスプレイ”を内蔵。文字表示は3桁表示に対応し、CDジャケット画像をカラーで表示可能である。

液晶ディスプレーと再生ボタンなど。ディスプレーの表示は明るく、小さなジャケット画像も鮮明に見える
液晶ディスプレーと再生ボタンなど。ディスプレーの表示は明るく、小さなジャケット画像も鮮明に見える

パソコンとの接続はUSB 2.0を使用し、充電もUSB経由のバスパワー充電で行なう。駆動時間は最長約50時間。ウォークマンEで好評の“3分充電→3時間再生”の高速充電機能も継承している。満充電までの時間は約120分。

Windows用ソフト“SonicStage CP”が付属し、同ソフトを使用してMP3/WMA/AAC/ATRAC(3/3plus)/ATRAC Advanced Lossless/リニアPCMなど、多彩なフォーマットの音楽データの転送が可能である。著作権保護されたWMAやAACは再生できない。

ソニースタイル限定モデル『NW-S706F/T』。シックで高級感溢れるカラーリング
ソニースタイル限定モデル『NW-S706F/T』。シックで高級感溢れるカラーリング

店頭モデルに加えて、ソニースタイル・ジャパン(株)の直販サイト“ソニースタイル”では、S700Fシリーズの限定仕様として、『NW-S706F/T』を販売する。ダイキャストのフレーム部にはクロム塗装を施し、黒檀をイメージした“エボニーブラウン”のカラーリングで、高級感を醸し出している。価格は3万800円で、12日より先行予約販売を開始している(商品の届け開始日は21日)。

なお同日発表されたウォークマン向けオプション類については、次ページにて紹介する。

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン