このページの本文へ

ホイールの動作モードを切り替え可能なロジクールのワイヤレスレーザーマウス「MX Revolution」の販売がスタート!

2006年09月14日 23時28分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 先日こちらでもお伝えしたホイールの動作モードを切り替え可能なロジクールのワイヤレスレーザーマウス「MX Revolution」の販売が今日から始まっている。

MX Revolution
ホイールの動作モードを切り替え可能なロジクールのワイヤレスレーザーマウス「MX Revolution」

 「MX Revolution」は、同社が“MicroGearプレシジョンスクロールホイール”と呼ぶ、異なる2つの操作感を選択可能なホイールをマウス中央に備えており、使用中のアプリケーションに最適な設定に従い、モーター付きのホイールが“フリースピンモード”と“クリック・トゥ・クリック モード”の間で自動的に切り替わるのが特徴だ。
 ホイールの回転が遅いときには“クリック・トゥ・クリック モード”となり、通常のホイール付きマウスのように、ホイールを回すとカチカチとクリック感のある動作となる。逆に回転が高速な場合は“フリースピンモード”となり、ホイールのクリック感がなくなり、まるでトラックボールを転がしているような軽い動作となる。「Microsoft Excel」などでホイールの回転速度を検出できるほか、2つのモードはホイールを押し下げてクリックすることでも、手動で切り替え可能。ちなみに同社によると“フリースピンモード”の場合、1回の指の操作で移動できる量は、7秒間に「Microsoft Excel」の文書で1万行に達するという。従来のスクロールホイールで同じ分量を移動しようとすれば、500回転分に相当し、7分の時間がかかるとのこと。

MX Revolution ポップ
売れ行きはかなり好調な様子。通常のロジクールの新製品と比べて入荷量が少ないとのことなので、完売も予想される

 また“MicroGearプレシジョンスクロールホイール”の隣りには“検索ボタン”を装備しており、語句や文章をハイライトしてこのボタンを押すだけで、指定したサーチエンジンによる検索結果を自動的に表示できるという。さらに、親指の近くに第2のホイールが装備されており、写真や文書のズームイン/ズームアウト、アプリケーション間のすばやい切り替えが可能としている。価格および販売ショップは以下の通りだ。

スタンドに装着 ホイール
充電用スタンドに装着した状態。セットして100分間の充電で満充電になるほか、10分程度の“クイックチャージ”でも1日使用分程度の電力を充電できる“MicroGearプレシジョンスクロールホイール”と呼ぶ、異なる2つの操作感を選択可能なホイールをマウス中央に搭載
側面 側面
左側面にも2つのボタンを備える。またMX-Rは左側面に第2のホイールを、VX-Rは左前方に2つのボタンを備えており、文書のズームイン/アウトやアプリケーション切り替えなどに使用できる
価格 ショップ
ロジクール
「MX Revolution」
\11,680 アーク(15日から販売)
\11,770 フェイス(15日から販売)
\12,048 クレバリー2号店(15日から販売)
\12,800 ツクモパソコン本店II(15日から販売)
T-ZONE.PC DIY SHOP
ZOA秋葉原本店(15日から販売)
価格未定 TWOTOP秋葉原本店(15日から販売)
ドスパラ本店(15日から販売)
ドスパラアキバ店(15日から販売)
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ