このページの本文へ

今回の“POSEIDON”はシリーズ初となる外付けモデル! 「Poseidon WCL-04」が3R SYSTEMSから発売に!

2006年05月17日 23時11分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 3R SYSTEMSといえば水冷キットの“POSEIDON”シリーズ。毎年、新モデルを投入してくるのがもはや恒例といったところだが、今度はシリーズ初となる外付けモデル「Poseidon WCL-04」が登場した。

Poseidon WCL-04
“POSEIDON”シリーズ初となる外付けモデル「Poseidon WCL-04」
フロント部
フロント部分にはデジタル表示の温度計や水流計、冷却液の残量表示レベルが一目でわかるように配置

 サイズ200(W)×485(D)×70(H)mmの外付け筐体には、アルミ製ラジエータ/ポンプ/タンクなどが内蔵。冷却は120mm角ファン2基で行う仕組みで、回転数は500rpm~2000rpmの間で調節可能だ。またフロント部分にはデジタル表示の温度計や水流計、冷却液の残量表示レベルが一目でわかるように配置。ファンのコントロールもここで行う仕組みだ。その他主な仕様は、冷却性能が600Wでポンプ性能は60L/h。銅製CPUヘッドはLGA775/Socket478/462/939/940/754対応となっている。価格はクレバリー1号店で2万4144円、高速電脳とT-ZONE.PC DIY SHOPで2万4800円とこの手の製品としては安めといえる。

ファンコン 裏面
冷却性能が600Wでポンプ性能は60L/h。冷却は120mm角ファン2基で行う仕組みで、回転数は500rpm~2000rpmの間で調節可能
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ