このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

【INTERVIEW】「ブラックモデルはプロ指向のユーザーもターゲット」――米アップル副社長・ムーディー氏が語るMacBook

2006年05月17日 21時55分更新

文● 林 信行

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

16日夜に突如発表されたコンシューマー向けノートブック“MacBook”。このリリースに合わせて来日した米アップルコンピュータ社のワールドワイド ハードウェアマーケティング担当副社長、デビッド・ムーディー(David Moody)氏に製品の詳細を聞いた。

ムーディー氏
米アップルコンピュータ社のワールドワイド ハードウェアマーケティング担当副社長、デビッド・ムーディー氏

小学生が乱暴に扱っても壊れにくいようにボディーを改良

[Mac24] MacBookで気になるのは新色のブラックモデルですが、これはiPod nanoを意識して新色を追加したのでしょうか?
[ムーディー氏] iPodとMacBookのブラックモデルは、必ずしも似たものではありません。表面が光沢仕上げのiPodに対して、MacBookはつや消し仕様で微妙に質感が異なります。

ブラックモデルは目に見えるつや消し仕上げの部分だけでなく、実は地の部分まで黒く染まっています。ブラックカラーを採用する他社製パソコンの中には、表面だけを黒く塗装したものもありますが、こうしたパソコンに何らかの傷がついて地が現れると目立ってしまいますよね。

左側面にあるFireWireやMini DVIなどのコネクターにもこだわりがあります。一般的なパソコンは通常、汎用のコネクターを使っていますよね? でも、MacBookのブラックモデルでは、金属接点以外のプラスチック部分まで黒くなっています。

[Mac24] ブラックモデルはどんなユーザーを想定しているのでしょうか?
[ムーディー氏] これまでiBook G4がターゲットにしてきた一般層に加えて、よりプロ指向が強い方々、例えば12インチPowerBook G4のユーザー達にもアピールすると思います。だって、かっこいいと思いませんか? MacBookの質感は、ぜひ実際にその目で見たり触ったりして確認してください。ただの真っ白、あるいは真っ黒なポリカーボネート筐体は極めてシンプルで、一切、余計な要素がありません。

iBook G4で液晶ディスプレーを開閉する際に押していたラッチもなくなっています。本体手前の中央に小さなへこみがあり、ここに指を入れて開きます。閉じたときには、液晶上部と本体に埋め込まれている磁石で固定します。

キーボードも従来のiBook G4のように、取り外しが可能なものではなく、完全に本体と一体化しています。米国においてiBookは教育機関で使われる機会が多いのですが、これらを使う生徒達がパソコンを乱暴に扱って、キー自体が取れてしまうことも頻繁に起こります。そうした状況下での耐久性も考慮しました。

[Mac24] かなり頑丈そうですが、別に耐水性があるというわけではないんですよね。
[ムーディー氏] ええ、耐水性はうたっていません。ただ、ラッチがなくなり、スロットローディング方式の光学式ドライブとMagSafeコネクターのACアダプターを採用したことなどから、iBook G4よりも頑丈になっていると思います。

[Mac24] デザインについてアップルが強調したい点は?
[ムーディー氏] 最大の特徴は薄さです。MacBookを閉じた状態の厚さは、iBookを開いた時の本体ぶんの厚さとほぼ同じくらいになっています。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中