このページの本文へ

スピーカがIP電話機に変身! オシャレなデザインのスピーカ兼IP電話機が2製品登場!

2006年02月10日 23時32分更新

文● 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 スピーカとIP電話機が一体化したオシャレなデザインの「Notone」と、2chスピーカとIP電話機をワンタッチで切り替え可能な「Art4sound」が、boynqから登場した。

「Notone」 IP電話受話器
スピーカ一体型IP電話機「Notone」。一見すると洒落たデザインのスピーカのようだが……左スピーカにあたる部分を外すと、IP電話の受話器に大変身!

 「Notone」は、IP電話機とスピーカが一体化した製品。通常はスピーカだが、左側のスピーカらしき部分に設置された受話器を取り外すと、IP電話として使用できるという製品だ。IP電話にはハンズフリー機能が搭載されている。また、電話中に急にメモをとりたくなっても安心なよう、ご丁寧にメモホルダーとペンホルダーが装備されている。さらに、本体側面にはUSBハブポートが用意されており、バスパワーに対応したUSB 2.0ハブとして利用できる。スピーカのサイズは50×90mmで、出力は3Wとなっている。電源はUSBバスパワーで供給される。対応OSはWindows XP/2000/Me/98、MacOS9.2.2以降。本体サイズは250(W)×165(D)×63(H)mmで、重量は810g。価格はTWOTOP秋葉原本店で4980円。

メモホルダー 目立つペンホルダー
本体手前にはメモホルダーが装備されている。電話中にメモ帳を探す必要がなく便利?とっさの時には手のひらにでもメモ書きすればよいが、肝心のペンがないと、それすらもできない。そこで、本体中央のわかりやすい位置にペンホルダーを装備している
本体右側面 ケーブル
本体右側面にはバスパワーに対応したUSB2.0ポートが用意されており、USBハブとして使用できる防磁処理が施された長さ120cmのUSBケーブル。ピンジャックはIP電話用のイヤホン端子とマイク端子だ

 「Art4sound」は、ステレオスピーカ&IP電話機。左スピーカの下に設置されているボタンを押すことで、スピーカとIP電話の切り替えを行なう。IP電話はヘッドセットなどを本体に接続して使用する。「Notone」同様、電源はUSBパスパワーで供給され、本体側面にはUSBハブポートが装備されている。価格はTWOTOP秋葉原本店で3980円。

「Art4sound」 切り替えボタン
ワンタッチで機能を切り替え可能なステレオスピーカ&IP電話機「Art4sound」。スピーカの出力は3W+3W左スピーカの下にあるボタンで、スピーカとIP電話の切り替えを行なう。ちなみに、右スピーカの下にあるボタンは音量調節用のつまみだ
IP電話用端子 USBハブ
本体左側面の音声入出力端子にIP電話用のヘッドセットなどを接続して通話する本体右側面にはUSB 2.0ハブを用意
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ