このページの本文へ

ようやく“nVIDIA nForce4 SLI X16”搭載マザーに2モデル目!? Socket 939対応「K8N Diamond Plus」のサンプル版が登場!!

2005年12月28日 23時14分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 チップセットに“nVIDIA nForce4 SLI X16”を採用することで、x16の帯域幅をもつPCI Express x16スロットを2本搭載するSocket 939対応マザーボード「K8N Diamond Plus」のサンプル版が登場、明日からT-ZONE.PC DIY SHOPで展示予定だ。

K8N Diamond Plus
“nVIDIA nForce4 SLI X16”を採用するMSI製Socket 939対応マザーボード「K8N Diamond Plus」のサンプル版

ASUSTeKにようやくライバル出現!?

 この製品は“nVIDIA nForce4 SLI”の上位モデル“nVIDIA nForce4 SLI X16”搭載するSocket 939対応のマザーボード。同GPUを採用した製品はASUSTeKからSocket 939対応の「A8N32-SLI Deluxe」とLGA 775対応の「P5N32-SLI Deluxe」が発売されているのみで、他社からの販売はまだされていなかった。x16の帯域幅をもつPCI Express x16スロットを2本搭載するまさにSLI本命マザーの名を欲しいままにしていた両モデルだったが、今回紹介する「K8N Diamond Plus」が発売されれば、ようやくのライバル出現ということになりそうだ。

拡張スロット ヒートパイプ
拡張スロットはPCI Express x16×2、PCI Express x2×1(x4形状)、PCI Express x1×2、PCI×2という構成。PCI Express x1対応のインターフェイスカードも増え、拡張には問題はなさそうチップセットの冷却にはASUSTeKと同じくヒートパイプを使った冷却システムを採用するのも特徴

最上位モデルらしく豪華なスペック、クーラーマスターの5インチベイ用アクセサリも付属!?

 マザー本体は最上位モデルらしく豪華な作り。拡張スロットはPCI Express x16×2、PCI Express x2×1(x4形状)、PCI Express x1×2、PCI×2、DDR DIMM×4(DDR400/4GB)。オンボードインターフェイスには8チャンネルサウンド(SoundBlaster Audigy SE 相当チップ)やIEEE1394、デュアルギガビットイーサネット、Serial ATA II(RAID 0/1/0+1対応)×4、Serial ATA II(Siliconimage Sil3132によるRAID 0/1対応)×2などを搭載。チップセットの冷却にはASUSTeKと同じくヒートパイプを使った冷却システムを採用するのも特徴だ。
 さらに製品版で付属するかは明らかではないが、今回のサンプル版にはクーラーマスターの真空管を内蔵した5インチベイ用アクセサリ「Musketeer 3」が同梱されているのが確認できた。前面にMSIのシールが貼られており、マニュアルも付いていた。オンボードのサウンド機能にSoundBlaster Audigy SE 相当チップを採用していることからも連想できる付属品といえるが、是非製品版でも実現してほしいオマケといえそうだ。ある代理店関係者によると、気になる発売日は来年1月中旬から下旬。価格は約2万9500円程度になる見込み。ASUSTeKを見送ったSLIユーザーにとって注目のマザーボードとなりそうだ。

サウンド ブラケット部
同社製マザーの上位モデルではお馴染み、8チャンネルサウンドにはSoundBlaster Audigy SE 相当チップを使用しているオンボードインターフェイスも豊富で豪華な作りだ
Musketeer 3 Musketeer 3
クーラーマスターの真空管を内蔵した5インチベイ用アクセサリ「Musketeer 3」が同梱されていた。前面にMSIのシールが貼られているなど“MSIオリジナル?”と思わせる作り。是非製品版でも実現してほしいオマケといえる
【関連記事】
     
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ