このページの本文へ

オーバークロッカー御用達マザー!? DFI「LANPARTY UT NF4 SLI-DR Expert」の販売が今日からスタート!!

2005年11月11日 21時13分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 DFIからチップセットに“nForce4 SLI”を搭載するSocket 939対応マザーボード「LANPARTY UT NF4 SLI-DR Expert」が登場した。オーバークロック耐性が高いといわれる同製品は、ハードユーザーが待っていた最後のSocket 939対応マザーボードとも言われている注目の製品だ。

LANPARTY UT NF4 SLI-DR Expert
“nForce4 SLI”を搭載するSocket 939対応マザーボード「LANPARTY UT NF4 SLI-DR Expert」。ハードユーザーが待っていた最後のSocket 939対応マザーボードとも言われている注目の製品
拡張スロット
「LANPARTY UT nF4 SLI-DR」からの主な変更点は拡張スロットの構成。PCIが2本から3本に増加。それに伴いスロットのレイアウトも変更された

 この製品は、すでに同社から発売中の“nForce4 SLI”搭載マザー「LANPARTY UT nF4 SLI-DR」のスペシャルモデルともいうべき製品。主な変更点は、拡張スロットの構成でPCIが2本から3本に増加。それに伴いスロットのレイアウトも見なおされ、PCI Express x4とPCI Express x1を挟むようにPCI Express x16が配置された。これにより厚みのある上位モデルの“GeForce”系ビデオカードを使ったnVIDIA SLI環境を容易に実現可能にしている。
 主なオンボードインターフェイスはIEEE1394や8chサウンド、デュアルギガビットイーサネット、Serial ATA II(RAID対応)4ポート、Serial ATA(RAID対応)4ポートなど。もともとハードユーザーから人気のあった「LANPARTY UT nF4 SLI-DR」の後継モデルということで、発売前からの注目度も高かったようで「常連のオーバークロッカーのお客さん達からは事前にかなりの問い合わせがあった」(複数ショップ)と言う。価格および販売ショップは以下の通り。初回の流通量はかなり少なめとなっており、すでに完売したショップもある。

ポップ ブラケット
スペック表。ショップのポップでもオーバークロッカー向けマザーボードをうたっているブラケット。サウンド部分はコネクタ形状で取り外しも可能だ
価格 ショップ
DFI
「LANPARTY UT NF4 SLI-DR Expert」
\23,200(完売) OVERCLOCK WORKS
\23,470 フェイス
\23,480 TWOTOP秋葉原店
\23,800 アーク
\23,800(完売) ツクモパソコン本店II
TSUKUMO eX.
\24,800 BLESS秋葉原本店
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ