このページの本文へ

これにて全メーカー揃い踏み! Maxtor初の転送速度3GbpsのSerial ATA II対応HDDが発売中

2005年12月15日 00時00分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Maxtor初の転送速度3GbpsのSerial ATA II対応HDD「6V250F0」が登場している。“DiamondMax 10”シリーズの製品で、容量は250GB。これにてHGST、Samsung、Seagate、Western Digitalなど3.5インチサイズのHDDを発売する主要メーカー全てが3GbpsのSerial ATA IIモデルを発売した格好だ。

「6V250F0」
Maxtor初の転送速度3GbpsのSerial ATA II対応HDDとなる
DiamondMax 10
「6V250F0」。“DiamondMax 10”シリーズの製品だ

 従来のモデルでもSerial ATA II対応の製品はあったMaxtorだが、今回登場した「6V250F0」は初の転送速度3GbpsのSerial ATA IIモデルとなる。主な仕様は、回転数が7200rpm、キャッシュ容量16MB、平均シークタイムが9ms未満。価格はアークで1万2980円、クレバリー1号店と同インターネット館で1万3093円、パソコンハウス東映で1万3980円となるほかスリートップ2号店でも販売予定となっている。

【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ