このページの本文へ

PCI Express x8対応モデルも! AdaptecからSAS対応のRAIDカードが2モデル販売中

2005年12月08日 00時00分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 AdaptecからSerial Attached SCSI(SAS)対応のインターフェイスカードが2モデル発売された。1つはPCI-X対応の「Adaptec Serial Attached SCSI RAID 4800SAS」。もうひとつはPCI Express x8対応の「Adaptec Serial Attached SCSI RAID 4805SAS」だ。

2モデル
AdaptecからSerial Attached SCSI(SAS)対応のインターフェイスカードが2モデル発売。どちらもハードウェアRAID搭載
4800SAS
PCI-X対応の「Adaptec Serial Attached SCSI RAID 4800SAS」。RAID 0/1/5/10/50/JBODをサポートする

 対応スロット以外のスペックは両モデルとも同じ。接続可能な8ポートは内部8または内部4/外部4ポートで使用可能で、キャッシュにECC対応の128MB DDR2 SDRAMを搭載。SASとSerial ATA、Serial ATA IIのHDDが接続可能でRAID 0/1/5/10/50/JBODをサポートする。なお、先日こちらでも紹介した5インチベイ3段を使って搭載する同社のエンクロージャ「ASE-335 SAS KIT」でももちろん使用可能だ。価格は「Adaptec Serial Attached SCSI RAID 4800SAS」がファナティックで10万7940円、BLESS秋葉原店で10万8000円、T-ZONE.PC DIY SHOPで11万1000円、「Adaptec Serial Attached SCSI RAID 4805SAS」がBLESS秋葉原店で11万8000円となっている。

【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ