このページの本文へ

登場は間近か? ASUSTeK製“Intel 975X Express”搭載マザーの展示が開始!

2005年11月25日 22時28分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 11月14日に発表されたインテルの新チップセット“Intel 975X Express”。22日にサンプル版が登場したGigabyte製「GA-G1975X」に続き、ASUSTeK製の同チップセット搭載マザー「P5WDG2-WS」の展示がTSUKUMO eX.で始まった。

「P5WDG2-WS」
ASUSTeK製“Intel 975X Express”搭載マザー「P5WDG2-WS」

 Gigabyte製「GA-G1975X」が巨大な冷却機構を搭載していたのに対し、今回のASUSTeK製品にはそういったシステムは見当たらず、いたって常識的なスタイルとなっている。気になるのがATI“CrossFire”への対応だが、掲示されていたポップを見る限り対応がうたわれている。また通常では4フェーズが標準である電源回路を倍の8フェーズとし、安定した電源供給と、負荷の分散による製品寿命の向上をうたっている点も注目だ。拡張スロットはPCI Express x16×2、PCI-X×2、PCI×2、DDR2 DIMM×4(DDR2-533/667/800)。8ポートのSrial ATA、デュアルのギガビットイーサネット、10chオーディオがオンボードで装備されている。TSUKUMO eX.によると12月発売予定で価格は未定とのこと。

“CrossFire”対応 背面
まだサンプル版ではあるが、ATI“CrossFire”への対応をうたっている10chオーディオのインターフェイスが目を引く
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ