このページの本文へ

“i955X”を搭載する初のBTXフォームファクタ採用インテル純正マザーボードが販売中!

2005年09月15日 00時00分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 チップセットに“i955X”を搭載するBTXフォームファクタのインテル純正マザーボード「D955XCSLKR」が販売中だ。Micro BTX規格の製品は数多く発売されているが、意外にもBTXフォームファクタとなると今回が初となる。

D955XCSLKR
意外にも初のBTXフォームファクタとなるインテル純正マザーボード「D955XCSLKR」
スペック
主なスペック。拡張性を理由にBTXへの移行をためらっていたユーザーにとっては注目の製品だ

 この製品の主な仕様は、拡張スロットがPCI Express x16×1、PCI Express x1×1、PCI×4のほか、PCI Express x16と同じ形状のx4スロットを1本搭載。4本装備するDDR2 DIMMは、DDR2-667対応メモリを最大8GBまで搭載可能だ。そのほか、オンボードインターフェイスにはギガビットイーサネット(PCI Express接続のインテル製)や8chサウンド、IEEE1394b、Serial ATAII RAIDなどを装備。販売しているのはUSER'S SIDE本店で価格は3万3390円。拡張性を理由にBTXへの移行をためらっていたユーザーにとっては注目の製品だ。

【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ