このページの本文へ

ATI公式仕様の“RADEON X1600 XT”搭載カードがMSIから! “RADEON X1800 XT”モデルも同時発売!!

2005年11月18日 21時24分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 MSIから“RADEON X1800 XT”搭載ビデオカード「RX1800XT-VT2D512E」と“RADEON X1600 XT”搭載の「RX1600XT-T2D256E」が登場した。中でも「RX1600XT-T2D256E」はATIが発表した通りのコア/メモリクロックとなっている点に注目だ。

「RX1600XT-T2D256E」
ATI公式仕様の590MHz/1.38GHz(MSIのウェブサイトでは587MHz/1386MHzと記載)となる「RX1600XT-T2D256E」
パッケージ
XIAiと玄人志向から発売された製品とはスペックが大きく異なる

 まず紹介するのは“RADEON X1600 XT”搭載の「RX1600XT-T2D256E」。同GPUを搭載したビデオカードは昨日XIAiと玄人志向から発売されたばかりだが、本日登場の「RX1600XT-T2D256E」とはスペックが大きく異なる。というのもXIAi、玄人志向の両モデルはコア/メモリクロックが590MHz/800MHzだったのに対し、「RX1600XT-T2D256E」ではATI公式仕様の590MHz/1.38GHz(MSIのウェブサイトでは587MHz/1386MHzと記載)。搭載メモリもDDR2 256MBからDDR3 256MBへと変更されている。なお、インターフェイスはDVI-I×2と、HDTV対応のTV-OUTとなる。
 価格はBLESS秋葉原本店で2万4980円。明日から販売予定のT-ZONE.PC DIY SHOPでは2万6480円。XIAi、玄人志向の価格と比較すると約1000~3000円ほど高いが、パフォーマンスを考慮すればある意味“妥当”といえる価格設定だろう。

裏面 付属品
搭載メモリもDDR2 256MBからDDR3 256MBへと変更されている付属品の各種ケーブルや変換アダプタ類

 同時発売の“RADEON X1800 XT”搭載ビデオカード「RX1800XT-VT2D512E」は、ご覧のようにいわゆるリファレンスデザインを採用する製品だ。コア/メモリクロックが625MHz/1.5GHz、搭載メモリがGDDR3 512MB。インターフェイスはDual DVI/VIVO(TV-OutはHDTV対応)で各種ケーブルや変換アダプタ類が付属。さらにゲームソフトに「Colin McRae Rally 2005 英語版」が同梱されているのが確認できた。こちらものT-ZONE.PC DIY SHOPで明日から販売予定。価格は7万6800円だ。

「RX1800XT-VT2D512E」 パッケージ
いわゆるリファレンスデザインを採用する「RX1800XT-VT2D512E」どこかの映画で見たようなロボットが目印のパッケージだ
2スロット ゲームソフト
コア/メモリクロックが625MHz/1.5GHz、搭載メモリがGDDR3 512MB「Colin McRae Rally 2005 英語版」が同梱されている
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ