このページの本文へ

“RADEON XPRESS 200 CrossFire Edition”を搭載する初のLGA775対応マザーボードがSapphireから!

2005年11月16日 20時55分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 SapphireからATI“RADEON XPRESS 200 CrossFire Edition(RD400+SB450)”を搭載するLGA775対応マザーボード「PC-I7RD400」が登場した。同チップセットを搭載したマザーボードはSocket 939対応モデルでの販売は始まっているが、LGA775対応の製品は今回が初めてとなる。

PC-I7RD400
“RADEON XPRESS 200 CrossFire Edition(RD400+SB450)”を搭載するLGA775対応マザーボード「PC-I7RD400」

 製品は、先に発売されているSocket 939対応モデル「PI-A9RD480Adv」とよく似たレイアウトのもので、張スロットはPCI Express x16×2、PCI Express x1×2、PCI×3、DDR DIMM×4という構成。オンボードインターフェイスはギガビットイーサネットやIEEE1394、8chサウンド、Serial ATA(RAID対応4ポート)などを搭載する。
 なお、今回の製品にも「PI-A9RD480Adv」同様、CrossFireを使用しないシングルモード時に空いたもうひとつのPCI Express x16スロットに挿すためのカードが付属している。
 LGA775対応のCrossFire対応マザーは、チップセットに“i955X”を搭載したインテル製の製品のみだった。販売価格がやや高めの“i955X”搭載マザーに比べ、比較的安価にPentium 4を使ったCrossFire環境の実現が可能となった点は注目だ。

ブラケット部 カード
オンボードインターフェイスはギガビットイーサネットやIEEE1394、8chサウンド、Serial ATA(RAID対応4ポート)などCrossFireを使用しないシングルモード時に空いたもうひとつのPCI Express x16スロットに挿すためのカードが付属
価格 ショップ
Sapphire
「PC-I7RD400」
\19,180 スリートップ2号店
\19,970 フェイス
\19,980 ドスパラ本店
ドスパラ秋葉原2号店 Prime館
ドスパラアキバ店
TWOTOP秋葉原本店
\20,970 USER'S SIDE本店
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ