このページの本文へ

ATIの隠し玉!? “RADEON X1800 XT PLATINUM”を搭載するというSapphire製ビデオカードが登場!!

2005年12月23日 22時15分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 今週21日にオーバークロック仕様の“RADEON X1800 XT”搭載ビデオカード「X1800XT OC」がPowerColorから発売されたが、今度はSapphireからも「オーバークロック仕様」(販売ショップ)という“RADEON X1800 XT”搭載カード「X1800XT PLATINUM」が登場した。

パッケージ
Sapphireからも「オーバークロック仕様」(販売ショップ)という“RADEON X1800 XT”搭載カード「X1800XT PLATINUM」が登場
シール
代理店であるアスクの貼ったシールをみると搭載GPUは“RADEON X1800 XT PLATINUM”

 代理店であるアスクの貼ったシールをみると搭載GPUは“RADEON X1800 XT PLATINUM”。さらに中身のカード本体裏面に貼られたシールにも“Radeon X1800XT Platinum 512M Dual DVI/VIVO”という文字が確認できた。ATI製GPUで“Platinum”と聞いて思い出されるのが前モデルの“RADEON X850 XT Platinum Edition”。基本仕様は下位の“RADEON X850 XT”と同じながらコア/メモリクロックが引き上げられたモデルだが、今回の“RADEON X1800 XT PLATINUM”もそのような位置付けとなるGPUなのだろうか。現時点でATIのウェブサイトに情報はなく、正確なコア/メモリクロックなどは不明だが、販売ショップによると「PowerColor製のオーバークロックモデルと同じ“X1800XT OC”(680MHz/1600MHz)と聞いている」という。ちなみにSapphireからは“RADEON X1800XT PERFORMANCE EDITION”というモデルが発表されているが、こちらはコア/メモリクロックが700MHz/1600MHzとなっている。
 その他、搭載メモリGDDR3 512MBでインターフェイスはDual DVI/VIVO(TV-OutはHDTV対応)。価格はTWOTOP秋葉原本店で7万9800円、USER'S SIDE本店で8万640円、BLESS秋葉原本店で8万1800円、T-ZONE.PC DIY SHOPで8万5800円、ツクモパソコン本店IIで8万9780円、TSUKUMO eX.で8万9800円となっている。

カード 本体裏面
パッケージ記載のカード写真。従来の“RADEON X1800 XT”搭載モデルと変らないように見えるカード本体裏面に貼られたシールにも“Radeon X1800XT Platinum 512M Dual DVI/VIVO”という文字が確認できる
【関連記事】
     
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ