このページの本文へ

玄人志向からPCI Express x1版に続いてPCI版のSerial ATA IIインターフェイスカードが登場!

2005年11月11日 23時43分更新

文● 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 以前紹介した玄人志向のPCI Express×1に対応したSerial ATA IIインターフェイスカード「SATA2RI2-PCIe」と「SATA2RE2-PCIe」のPCI版にあたる「SATA2RI4-LPPCI」と「SATA2REI3-LPPCI」の2製品が登場した。

「SATA2RI4-LPPCI」と「SATA2REI3-LPPCI」
PCI版のSerial ATA IIインターフェイスカード「SATA2RI4-LPPCI」(写真上)と「SATA2REI3-LPPCI」(写真下)

 「SATA2RI4-LPPCI」は、コントロールチップにSilicon Image製“Sil3124”を搭載。装備しているSerial ATA IIポート数は内部×4という構成。RAID機能を内蔵しており、RAID 0/1/0+1/5/JBODに対応する。また、同梱されているブラケットに交換することで、ロープロファイルにも対応。対応OSはWindows XP/2000。
 一方の「SATA2REI3-LPPCI」のSerial ATA IIポート数は、内部×3+外部×1という構成で、同社によると「外部コネクタはSerial ATAの外付け規格である“eSATA”に対応している」という。それ以外の仕様は「SATA2RI4-LPPCI」と同じ。価格はどちらの製品も同額で、TWOTOP秋葉原本店で7280円、TSUKUMO eX.で7580円。

「SATA2RI4-LPPCI」 「SATA2REI3-LPPCI」
「SATA2RI4-LPPCI」のスペック。外部ポートはなく、内部に4ポート装備する「SATA2REI3-LPPCI」のスペック。外部ポートはeSATAに対応する
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ