このページの本文へ

【続報】ウィルコム、W-SIMカード対応の音声端末とデータ専用端末はこんな製品

2005年10月19日 18時34分更新

文● 編集部 小林久

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ウィルコム(株)は19日、W-SIMカードに対応した携帯電話機として、山中俊介氏デザインの『SIM STYLE TT』(型番:WS001IN)と『SIM STYLE DD』(型番:WS002IN)の2製品を発表した。開発は(株)ネットインデックス(旧本多エレクトロン)が担当した。本日都内で行なわれた発表会の模様は別記事で紹介したが、ここでは端末の特徴や仕様に関してみていく。

音声通話中心にコンパクトにまとまった“TT”

音声端末のSIM STYLE TTの本体サイズは幅47.8×奥行き101.0×高さ20.4mmで、重量は66g(バッテリー装着時、W-SIMは除く)。グリーン、レッド、ブルーの3色が用意されている。TTは“Tiny Talk”の略。

3色のカラバリ
SIM STYLE TTは3色のカラーバリエーションを用意する

サイズは同じストレート型の『premini-II』(エヌ・ティ・ティドコモ(株))とほぼ同等で、本体は手の中にすっぽりと収まる。手で握る数字キーの側面がややえぐられた形状になっているため、よりスリムに感じる。通話/切断ボタンや電源ボタンは側面に配置した。

手に持った 背面
手に持ったところ背面にはスピーカー
右側面 左側面
通話ボタンや電源は側面に配置している

液晶パネルは正方形でサイズは1.4インチ。10×4文字(解像度は未公開)/最大6万5536色の表示に対応する。トップメニューは9分割されており、それぞれの項目を選ぶと画面がスライドして各機能の画面が現われる。カメラ機能などは搭載せず、通話やメール送受信(ライトメール、ライトEメール)など最低限の機能のみが提供される。

料金プランに関しては既存のものが利用でき、音声定額プランの“ウィルコム定額プラン”(月額2900円)、合わせて契約できるデータ定額オプションの“リアルインターネットプラス[1x]”(月額2100円、音声と合わせて月額5000円)、“ネット25”(月額5670円)などが選択できる。

9画面表示 時計
正方形の液晶画面メニューはモノクロだが、カラー表示に対応する
W-SIMカード 収納部 ストラップ取り付け部
W-SIMカードはSDカード程度の大きさ収納部はフタでがっちりガードされる金属製のストラップ取り付け部

内蔵するW-SIMカードのサイズは幅25.6×奥行き42×高さ4mmで、重量は約8g。パケット通信は1x~4xで、データ転送速度は最大128kbps。32kbpsまたは64kbpsのフレックスチェンジ方式での通信も可能。またタイ、台湾でのローミングにも対応する。消費電力は4xパケット通信時で約210mA、待ち受け時で約7mA(LED消灯)。内蔵するフラッシュメモリーのうち、ユーザーメモリーとして約600KBが使用可能。



フレキシブルアームを備えた、USBデータ接続専用端末“DD”

データ端末のSIM STYLE DDのサイズは幅43×奥行き54×高さ12mmで、重量は約30g(W-SIMは除く)。USB 1.1経由でパソコンと接続できる。対応OSはWindows XP/2000、Mac OS 9.0以上、Mac OS X 10.2以降。DDは“Data Driver”の略。

SIM STYLE DD たたんだところ
SIM STYLE DD。USBコネクターの付いたアーム部分は折りたたんで収納できる

USBコネクターの付いたアーム部分は折り曲げてSIMリーダー部分に固定することが可能。ノートパソコンに差すとアンテナを装備したW-SIMカード部分が上に来て、無線をキャッチしやすくなる。通信速度はW-SIMカードの仕様に依存する(最大64kbps)。パソコンでアドレスを管理できるソフトなども付属するという。

ネット予約は26日から開始

価格はSIM STYLE TTと、W-SIMカード、SIM STYLE DDをセットにした『SIM STYLE “TTセット”』が2万2800円、W-SIMカードとSIM STYLE DDをセットにした『SIM STYLE “TTセット”』が5800円。SIM STYLE TT単体が2万4800円。

SIM STYLE TTは各色3000台の限定販売。製品の販売は直販サイト“ウィルコムストア”のみの対応。SIM STYLE DDは量販店などでの販売も行なう。両製品とも26日の予約開始を予定している。なお、11月25日の発売に先立って、東京ビックサイトで26日~29日に開催される“WORLD PC EXPO 2005”の会場、11月2日~6日に青山ベルコモンズB1Fの“CIBONE 青山店”、11月7日~11日に大手町ビル1Fの“大手町カフェ”などで実機の展示を行なうという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン