このページの本文へ

“GeForce 6500”を搭載する初のPCI Express x16対応ビデオカードが発売に

2005年09月17日 21時13分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 nVIDIA“GeForce 6500”を搭載する初のPCI Express x16対応ビデオカード「GF6500-E128H」が玄人志向から発売された。OEM元はSparkle。本日入荷したツクモパソコン本店IIとTSUKUMO eX.では、価格9380円で販売中だ。

型番
“GeForce 6500”を搭載する初のPCI Express x16対応ビデオカード「GF6500-E128H」
カード本体
カード本体はヒートシンクのみのファンレス仕様で、インターフェイスはVGA/DVITV-OUT(HDTV対応)。搭載メモリはDDR2 128MB(64bit)

 “GeForce 6500”はすでに発売されている“GeForce 6200 with TurboCache”の上位モデルにあたるもの。カードに搭載しているメモリ以外にPCのメインメモリの一部をフレームバッファとして利用できる“TurboCache”をサポートするのが特徴だ。nVIDIAによる主な仕様は、メモリバンド幅13.44GB/sec、フィルレート1.6 billion pixels/sec、頂点処理能力300million。なお、Sparkleのウェブサイトでは3D Mark2003を使ったベンチマークが記載されており“GeForce 6500”は3334、“GeForce 6200 with TurboCache”は2918などといった記載が見える。
 カード本体はヒートシンクのみのファンレス仕様で、インターフェイスはVGA/DVITV-OUT(HDTV対応)。搭載メモリはDDR2 128MB(64bit)でコア/メモリクロックは400MHz/666MHzとなっている。

【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ