このページの本文へ

クーラーマスター製の総アルミPCケース「Praetorian 732」が明日2日から販売開始に

2005年09月01日 23時50分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 クーラーマスター製PCケース“Praetorian”シリーズの新モデル「Praetorian 732」が登場、明日2日から販売される。総アルミ製の前面扉付きのデザインとなっており、カラーラインナップはシルバーとブラックの2種類が用意されている。

前面扉
肉厚のアルミを使用した前面扉を採用することで高級感が増した印象の「Praetorian 732」
Praetorian 732
総アルミ製前面扉付きのデザインは、同社らしいATXケースに仕上がっている

 どちらかというとシンプルなデザインだった前モデルの「Praetorian」からは、だいぶイメージが変わった感のある「Praetorian 732」だが、肉厚のアルミを使用した前面扉を採用することで高級感が増した印象だ。
 サイズは540(L)×225(W)×463(H)mm、重さは10kg。フロント下部に吸気用120mm角ファン(1200rpm/22dB)を1基、リヤに排気用80mm角ファン(1800rpm/22dB)2基を標準で装備し、これら3基のファンはいずれもブルーLEDによって光る仕組み。ベイ数は5インチ×4、3.5インチ×2、シャドウ×4という構成で、サイドパネルにはパッシブダクト搭載している。電源は非搭載。価格は高速電脳でシルバーモデルが2万3415円、ブラックモデルが2万4150円となっている。

ブラックモデル 開けた
ブラックモデルも用意されている前面扉を開けたところ。フロント下部のブルーLEDによって光るファンがいい感じだ
天板 リヤ
電源/リセット、およびアクセスポートは天板に備えているリヤに排気用80mm角ファン(1800rpm/22dB)2基を標準で装備。同社のケースが標準で光るファンを装備しているのは珍しい
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ