このページの本文へ

クーラーマスターからライザカードでカード増設も可能なMini-ITXケース「CM Media 270」が登場

2005年07月21日 23時59分更新

文● 美和

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 クーラーマスターから付属のライザカードを使うことによりカード増設も可能なMini-ITXケース「CM Media 270」が登場した。フロントパネル部分にはヘアライン処理を施したアルミパネルを用意しており、シルバーとブラックの2色がラインナップされている。

本体 フロントアクセスインターフェイス
付属のライザカードを使うことによりカード増設も可能なMini-ITXケース「CM Media 270」フロントアクセスインターフェイスはUSB 2.0×2、IEEE 1394×1、アナログ音声入出力端子×各1となっている

 Mini-ITX対応製品では珍しく拡張用スロットを2基用意している。ただし、付属のライザカードはPCI×1となっているため、下の写真のように縦に2つ並ぶスロットのうち上側にしか増設できない。下側のスロットの奥には3.5インチシャドウベイ用のスペースが用意されているため、ここに設置できるのはマザーボード上のピンコネクタなどからケーブルを引き回して利用するインターフェイス付きのブラケットのみとなる。そのほか拡張ベイはスリム型の光学ドライブに対応したものを用意。本体側面には60mm角ファンを、本体のフロント側には220W電源を搭載する。フロントアクセスインターフェイスはUSB 2.0×2、IEEE 1394×1、アナログ音声入出力端子×各1。サイズは360(W)×285(D)×78(H)mm。販売は22日からとなっており、価格は高速電脳で1万7325円。

内部 ブラケット
フロントパネル側に220W電源が搭載されている拡張スロットのうち、上側にしかカード増設ができない。下側のスロットには、マザーボードからケーブルを引き回すインターフェイス付きのブラケットを接続する
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ