このページの本文へ

ヒートシンクすらなし! XGI Technology製“Volari Z7”搭載ビデオカードの販売が始まる!

2005年08月27日 23時35分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 昨年10月に発表されたXGI Technology製“Volari”シリーズのGPU“Volari Z7”を搭載する初めてのPCI対応ビデオカード「Volari Z7」が発売となった。ヒートシンクすら搭載せず、チップは剥き出しの状態となっている。

Volari Z7
剥き出しの状態で搭載されているGPU“Volari Z7”。16mm×16mmのBGAパッケージとなるのも特徴的だ
カード
カードはLow Profile仕様の製品。一見するとLANカードにも見えるくらいシンプル

 “Volari Z7”は、サーバやシンクライアント向けに特化して設計されたというGPU。0.18umプロセスで製造された16mm×16mmのBGAパッケージとなるGPUは、1.8Vという低いコア電圧を実現している。主な仕様は、コア/メモリクロックはともに166MHz。搭載メモリはDDR 32MBで、インターフェイスはVGA出力のみという構成。最大解像度は1600×1200ドットとなる。パッケージは白箱で、付属品にはドライバCDのほか、Low Profile対応ブラケットも同梱されている。本日販売を確認したのはクレバリー1号店で、価格は4168円。

VGA出力 付属
インターフェイスはVGA出力のみLow Profile対応ブラケットも同梱されている
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ