このページの本文へ

“K8T890”マザーでは最安!「GA-K8VT890-9」がGigabyteから

2005年03月02日 22時36分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 “K8T890”搭載マザーボードとしてはASUSTeKSoltekに続く製品となる「GA-K8VT890-9」がGigabyteから登場した。昨年12月にサンプル版が公開されていたが、約3ヵ月経っての発売となった。

K8T890
Gigabyteからは初登場となる“K8T890”搭載マザーボード。サンプル版は昨年12月にお目見えしている
「GA-K8VT890-9」
最近のマザーには珍しくシンプルな構成の「GA-K8VT890-9」

 チップセットに“K8T890+VT8237R”を搭載し、Socket 939対応。拡張スロットはPCI Express x16×1、PCI Express x1×2、PCI×3、DDR DIMM×4(DDR400/最大4GB)という構成で、Marvell製“8053”チップによるギガビットイーサネット、8チャンネルサウンド、South Bridge“VT8237R”によるSerial ATA RAID(2ポート)がオンボード。
 多数のメーカーから発売されているnVIDIA“nForce 4”シリーズに比べ、少々出遅れ気味の感も否めない“K8T890”だが、ようやくGigabyteから製品が登場したということで、本格的に売れ筋へと踊り出そうな気配だ。価格はUSER'S SIDE本店で1万3340円、アークで1万3480円となっており、先行するASUSTeK「A8V-E Deluxe NW」(約1万7000円)やSoltek「SL-K890Pro-939」(約1万6000円)に比べ安めなのも嬉しいところだ。

VT8237R ブラケット
South bridgeはSerial ATA RAID(2ポート)をサポートする“VT8237R”オンボードインターフェイスも少なめ。IEEE1394は非搭載となる
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ