このページの本文へ

「ニンテンドーDS」で「リッジレーサー」?! 北米版にはあるんです!

2005年02月05日 02時42分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 1994年にPS(プレイステーション)本体と同時発売となった「リッジレーサー」。2000年にPS2(プレイステーション2)本体と同時発売となった「リッジレーサーV」。そして2004年、PSP(プレイステーション・ポータブル)と同時発売となった「リッジレーサーズ」。このように、ナムコ“リッジレーサー”シリーズといえば、ハードの進化とともに歩んできたPSシリーズの看板レースゲームという印象が強い。
 ところが、その「リッジレーサー」シリーズの任天堂ハード版がある、と言ったらどうだろうか?
 驚く人は多いだろうが、存在するのだ。北米版「ニンテンドーDS」用ゲーム、「RIDGE RACER DS」がメッセサンオーカオス館に入荷している。

「RIDGE RACER DS」
「RIDGE RACER DS」。北米版ではあるが、任天堂ハード版の「リッジレーサー」だ

 ユニークなのが、通常の十字キーによるハンドル操作のほか、「ニンテンドーDS」のタッチパネルを使用したハンドル操作もできるという点。3種類のゲームモードのうち、“easy”モードでは前者、“hard”“expert”モードでは後者の操作となる。2枚の画面のうち上の画面には通常のゲーム画面が、下の画面にはハンドルが表示されるのだが、当然画面の中のハンドルを握れるはずはなく、タッチパネル上でペンを円形に動かして操作するようだ。
 北米版ソフトとはいえ、「ゲームボーイアドバンス」の場合と同様、日本国内版の本体でもそのまま動作する。価格は5300円。

タッチパネルでハンドル
タッチパネルを使用したハンドル操作が可能。画面の上でペンを円形に動かすようだが、慣れが必要かも
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ