このページの本文へ

デル、15.4インチワイド液晶ディスプレーとモバイル915PM/GM Expressチップセットを搭載した『Inspiron 6000』を発売

2005年02月02日 19時06分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

デル(株)は10日、個人/SOHO/中小企業向けノートパソコン“Inspiron(インスパイロン)”の新製品として、15.4インチワイド液晶ディスプレーとモバイルインテル915PM/GM Expressチップセットを搭載した『Inspiron 6000』の販売を7日に開始すると発表した。B.T.O.に対応しており、価格は13万7340円から。

『Inspiron 6000』
『Inspiron 6000』

『Inspiron 6000』は、モバイル915GM/PM Expressチップセットを採用し、CPUにCeleron M 350またはPentium M 750/730を搭載でき、デスクトップ代替としても利用できるノートパソコン。液晶ディスプレーは16:10の15.4インチ“Dell UltraSharp”ワイド液晶ディスプレーを搭載し、解像度はWXGA(1280×800ドット)/WSXGA+(1680×1050ドット)、WUXGA(1920×1200ドット)を選択できる。グラフィックス機能は、チップセットに内蔵するもののほか、カナダATIテクノロジーズ社のMOBILITY RADEON X300(128MB/64MBビデオメモリー)を搭載可能。メモリーは最大2048MB(DDR2 SDRAM)、HDDは最大80GB(Ultra ATA/100)、光ディスクドライブは8倍速DVD-ROMドライブ、24倍速書き込みのCD-R/RW&DVD-ROMコンボドライブ、DVD+R DLの2.4倍速書き込みとDVD±Rの8倍速書き込みに対応したDVD±R/±RWドライブを選択可能。

インターフェースは、USB 2.0×4、IEEE 1394、10/100BASE-TX、V.92対応56kbpsファクスモデム、アナログRGB出力、S-Video出力、ヘッドフォン/スピーカー、マイクなどを装備し、ドングルを利用してS/PDIFにも対応。拡張スロットはSDメモリーカード用とPCカード(Type I/II、CardBus対応)用を装備する。オプションで無線LAN機能(IEEE 802.11a/b/g、Bluetooth)の追加も可能。

電源は6セル(53Whr)または9セル(80Whr)のリチウムイオンバッテリー“スマートリチウムイオンバッテリ”を利用し、Pentium Mと6セルバッテリーの組み合わせの場合、約3.50時間の連続駆動が可能(同社調べ)。本体サイズは幅356×奥行き265.5×高さ38.7mm、重量は3.01kg(6セルバッテリー/DVD-ROMドライブ搭載時)。ポインティングデバイスにはワイドタッチパッドを採用し、前面にマルチメディアキーも用意されている。OSはWindows XP Home Edition SP2/Professional SP2。標準で1年間のパーツ無償保証が提供される。

最小構成は、Celeron M 350-1.30GHz、モバイル915GM Expressチップセット、256MBのメモリー(PC2700)、30GBのHDD、WXGAワイド液晶ディスプレー、DVD-ROMドライブ、6セルバッテリー、Windows XP Home Edition SP2で、価格は13万7340円。

Pentium M 750-1.87GHz、モバイル915PM Expressチップセット、512MBのメモリー、60GBのHDD、WUXGA液晶ディスプレー、ATI MOBILITY RADEON X300(128MB)、DVD±R/±RWドライブ、無線LAN機能(インテル PRO/Wireless 2915ABG Mini PCIカード)、Windows XP Home Edition SP2の構成の場合、価格は27万690円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン