このページの本文へ

カノープス、リアルタイムノンリニア編集システム『DVStorm XA』を発売

2005年01月12日 21時26分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

カノープス(株)は12日、リアルタイムノンリニア編集システム“DVStorm”シリーズの新製品として『DVStorm XA(でぃぶいすとーむ えっくすえー)』を1月下旬に発売すると発表した。価格はオープン。

PCIカード SDコンポーネント出力オプション
DVStorm XAカードSDコンポーネント出力オプション装着時

『DVStorm XA』(DVSTORM-XA)は、ハードウェアのDVコーデックを搭載したショートサイズのPCIカードとビデオ編集ソフト『EDIUS Pro 3』で構成され、Pentium 4-1.70GHz以上(2.40GHz以上推奨)、512MB以上(1GB以上推奨)のメモリーを搭載したPC/AT互換機を利用して、リアルタイムのノンリニア編集が行なえるシステム。DVDコーデックをハードウェアで実装したことでソフトだけで行なう場合に比べ、CPUの負荷を1GHz相当軽減でき、カードサイズも従来製品より小型化されているのが特徴。『Adobe Premiere Pro』で『EDIUS Pro 3』と同様のリアルタイム効果を利用できるプラグインソフトや、DVDオーサリングソフト『Ulead MovieWriter 3 SE』も付属する。

画面イメージ
『EDIUS Pro 3』

入力はデジタルビデオ(DV/DVCAM、IEEE 1394:6ピン)に対応し、ビデオサイズは720×480画素(NTSC)/720×576画素(PAL)をサポートする。デジタルオーディオは最大48kHz/16bit/ステレオに対応(入力は44.1kHzのみ対応)。出力はアナログビデオ(S-Video、コンポジット)に対応する。IEEE 1394バスパワー出力は12V/0.5Aで、オプションのアナログ-DVコンバーター『ADVC-55』『ADVC-110』専用となっている。カードサイズは幅150×高さ94mm。

製品パッケージ
製品パッケージ

動作環境として、『EDIUS Pro 3』のインストールに500MB以上のHDD空き容量と、映像/ワーク用に毎分5400回転以上(ATA/100、毎分7200回転以上推奨)のHDD、オーバーレイ対応のグラフィックスカード、ボイスオーバー(アフレコ)用にWDMドライバーソフトに対応したサウンドシステムが必要。対応OSはWindows XP SP2。DVケーブル(6ピン-4ピン、長さ2m)、Adobe After Effectsのコンポジション映像、Adobe Photoshopの静止画、NewTek LightWave 3Dのモデリング画像/アニメーション映像をDV/アナログビデオ出力するためのプラグインソフトも同梱される。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン