このページの本文へ

“RADEON 9600XT”搭載のファンレスカードが久々に登場!

2005年01月04日 20時15分更新

文● 美和

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 玄人志向から、GPUに“RADEON 9600XT”を搭載したファンレスビデオカード「RD96XT-A128C/HP」が登場した。同社のウェブサイトによれば、Info-Tek社製とのこと。

本体
“RADEON 9600XT”を搭載したファンレスカード「RD96XT-A128C/HP」

 カードを両面からサンドイッチ状にはさむ形でアルミ製のヒートシンクが搭載されており、2つのヒートシンクは2本の銅製ヒートパイプで接続されている。ファンレスの“RADEON 9600XT”カードと言えば、過去にSapphire製の「RADEON 9600XT ULTIMATE Edition」SIGMACOM製の「SIGMA-RADEON9600XT-S/128MB」などがあったが、最近ではあまり見かけなくなっている。
 コア/メモリクロックは、500MHz/700MHz。ATIが公開している“RADEON 9600XT”のコア/メモリクロックは500MHz/600MHzであることから、メモリクロックが100MHz高速動作となっている。メモリはDDRタイプを128MB搭載。インターフェイスはD-Sub/DVI/TV-OUT。S-Video/コンポジット出力ケーブル、D-Sub/DVI変換コネクタなどを同梱する。価格はTWOTOP秋葉原本店で1万9780円。

 
ヒートシンク インターフェイス
ヒートシンクはアルミ製で、銅製のヒートパイプで結合されているインターフェイスはD-Sub/DVI/TV-OUT
付属品その1 付属品その2
S-Video/コンポジット出力ケーブルが付属D-Sub/DVI変換コネクタが付属
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ