このページの本文へ

ソフトバンクBB、“Yahoo! BB”の顧客情報流出についてコメントを発表――週刊新潮が3万件を確認か?

2004年12月13日 21時28分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ソフトバンクBB(株)は13日、10日夕刻に“Yahoo! BB”の会員情報ではないかとして(株)新潮社の“週刊新潮”から持ち込まれた紙データ1500件について、同データが(株)日経BPにより11月24日に同社に持ち込んだ900件のデータと同じ特徴を持っていると発表した。

また、ほぼ同時刻に(株)光文社の“FLASH(フラッシュ)”からも5000件のデータを入手したと連絡を受けており、11日に電子データを照合したところ、日経BPから持ち込まれたデータ900件が含まれていることが分かったという。

さらに、13日の15時20分ごろ、週刊新潮から3万件のデータを入手したと連絡を受けたとしており、同社では、同一のデータ保持者が意図的に複数の報道機関に提供しているものとみて、調査を進めているとしている。なお、含まれている情報は、氏名/住所/電話番号/携帯電話番号という。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン