このページの本文へ

レシーバをマウス本体に収納可能なモバイル用ワイヤレスマウスがエレコムから

2004年10月13日 20時36分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 エレコムから、レシーバをマウス本体に収納可能なモバイル用ワイヤレスマウスが登場した。ラインナップは全7種類用意されているが、発売となったのはそのうちの3モデルだ。

ピョコンと飛び出す かなりコンパクト
マウス本体に収納されたレシーバは、上部のボタンを押すとピョコンと飛び出す仕組みサイズ50.73(W)×85.04(D)×30.40(H)mm、重量48g。モバイル用ワイヤレスマウスなのでかなりコンパクト

 写真のようにマウス本体に収納されたレシーバは、上部のボタンを押すとピョコンと飛び出す仕組みで、なかなかユニーク。これにより携帯性が向上しているほか、レシーバ部分の紛失などといった事態も少なくなりそうだ。また、レシーバをマウス本体に収納すると自動的にマウス本体の電源がOFFとなる機能もあり、誤作動による電力消費を防いでくれる(左右ボタン+ホイールボタンを同時に長押しすることでもOFFにできる)。
 サイズ50.73(W)×85.04(D)×30.40(H)mm、重量48gで解像度800dpi。電源はアルカリ単4乾電池を2本で、80cmのUSB延長ケーブルと専用ポーチが付属する。販売しているのはOVERTOPで、3モデルはそれぞれ「M-D5URRD(レッド)」と「M-D5URBU(ブルー)」、「M-D5URWH(ホワイト)」。価格は全て3980円となっている。

3モデル マウス本体とレシーバ
3モデルはそれぞれ「M-D5URRD(レッド)」と「M-D5URBU(ブルー)」、「M-D5URWH(ホワイト)」マウス本体とレシーバ。収納すると自動的に電源がOFFとなる機能もある
背面 電池
背面にID設定ボタンが。256通りのID切り替えが可能だ電源はアルカリ単4乾電池を2本使用する
【関連記事】
       
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ