このページの本文へ

デル、EM64T対応Pentium 4搭載ワークステーション『Dell Precision Workstation 370』を発売

2004年08月03日 23時37分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

デル(株)は3日、ワークステーション“Dell Precision Workstation(デル・プレシジョン・ワークステーション)”シリーズの新製品として、“インテル エクステンデッド・メモリ64テクノロジ(EM64T)”対応Pentium 4を搭載できるエントリーモデル『Dell Precision Workstation 370』を発売すると発表した。同日付けで販売を開始する。B.T.O.に対応しており、価格は最少構成で14万6475円。

『Dell Precision Workstation 370』
『Dell Precision Workstation 370』

『Dell Precision Workstation 370』は、925X Expressチップセットを採用し、EM64T対応Pentium 4-3.20G/3.40G/3.60GHz、最大4GBのメモリー(デュアルチャネルDDR2 SDRAM、ECC、533MHz)、73GB(Ultra320 SCSI、毎分1万5000回転)/400GB(シリアルATA、毎分7200回転)などのHDD、DVD-R/-RWドライブやCD-R/RW&DVD-ROMコンボドライブなどの各種光ドライブ、PCI Express x16対応グラフィックスカード(NVIDIA Quadro NVS280/Quadro FX 3400、ATI FireGL V3100ほか)を搭載できるのが特徴。シリアルATAコントローラーをオンボードで搭載しており、RAID 0/1に対応。インターフェースは、USB 2.0×8、10/100/1000BASE-T、シリアル、パラレル、V.90対応56kbpsFAXモデムほかを搭載する。OSは、Windows XP Professional SP1/2000 Professional(SP4)、64bitのLinux(Red Hat Enterprise Linux WS)を選択できる。シャーシにはデスクトップ(幅445×奥行き457×高さ168mm/重量18.6kg)とスモールミニタワー(幅181×奥行き447×高さ425mm/重量12.7kg)の2種類を用意する。

最小構成は、Pentium 4-2.80GHz、512MBのメモリー、40GBのHDD(シリアルATA、毎分7200回転)、48倍速CD-ROMドライブ、Quadro NVS 280 PCI Expressグラフィックスカード(64MB)、Windows XP Professional SP1、スモールミニタワーで、24時間テクニカル電話サポート(Eメールサポート付き)、3年間当日対応オンサイト保守サービスが付属する。価格は14万6475円。CPUをEM64T対応Pentium 4-3.20GHz、メモリーを1GB、HDDを160GB、光ドライブを12倍速DVD+R/+RWドライブ、グラフィックスカードをQuadro FX 1300 PCI Express(128MB)、シャーシをデスクトップに変更した場合の価格は33万4425円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン