このページの本文へ

エルザジャパン、3D Y/C分離回路を搭載したLow Profile対応TV&MPEG-2キャプチャーカード『ELSA EX-VISION1500TV』を発売

2004年06月22日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)エルザジャパンは22日、ゴーストリデューサーや3次元Y/C分離回路を搭載したLow Profile PCI対応のハードウェアMEPG-2エンコーダーカード『ELSA EX-VISION1500TV』を発売すると発表した。7月上旬に店頭販売開始の予定。価格はオープン。編集部による予想販売価格は2万1000円前後。専用リモコン『ELSA EVRC-2』も用意する。価格はオープン。編集部による予想販売価格は3000円前後。

カード本体
『ELSA EX-VISION1500TV』

『ELSA EX-VISION1500TV』(EV1500TV-PR)は、ゴーストリデューサーや3次元Y/C分離回路などの高画質化機能に対応したTVチューナーを搭載したLow Profile PCI対応のMPEG-2キャプチャーカード。カードサイズは幅125×高さ65mmで、同社ではLow Profile対応で3次元分離回路を搭載したハードウェアTVキャプチャーカードとしては世界最小としている。アルプス電気(株)製のセラミック基板採用の小型TVチューナーユニットと、NECエレクトロニクス(株)製のPCI対応MPEG-2エンコーダーチップ『μPD61151』、3D Y/C分離チップ『μPD64083』、ゴーストリデューサーチップ『μPD64031A』を搭載する。TVチューナーはVHF(1~12ch)/UHF(13~62ch)/CATV(c13~63ch)の受信が可能で、NTSC方式に対応。キャプチャーできる最大解像度は720×480ドット。録画時のエンコードは、ハードウェアMPEG-2のほか、ソフトウェアAVIコーデック(WMVを標準搭載)にも対応しており、ユーザーが別にインストールした複数のソフトウェアコーデックを切り替えて使用することもできるようになっている。

ソフトウェアエンコーディングに対応ソフトウェアエンコーディングに対応しており、ユーザーがインストールしたコーデックの利用も可能

アプリケーションとして、“おまかせ録画機能”を搭載したテレビソフト『INFO.TV Plus』が付属する。登録したキーワードを含むTV番組を自動的に録画し続けることが可能で、電子番組録画予約は“ADAMS-EPG+”に対応。別売の専用リモコン『EVRC2』とOSD(オンスクリーンディスプレー)機能を組み合わせることで、HDDレコーダーのように操作することもできるという。対応OSはWindows XP/2000。さらにカードの複数枚差しにも対応予定で、時間帯の異なるTV番組の同時録画/保存にも対応するとしている(後日パッチを配布予定)。

入力端子はTVアンテナ(F型)、Sビデオ(ミニDIN)、ライン(ステレオミニジャック)を装備する。対応機種はPentium III-800MHz/Celeron-1.0GHz以上、Athlon/Duron-1.0GHz以上、PCIバス(2.1以上)を搭載したモデル。ウェブブラウザーはInternet Explorer 5.5以上に対応。製品パッケージには、S/コンポジット変換コネクター、オーディオケーブルなどが同梱される。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン